小顔

【原因別】小顔は食べ物で作れる!? 〜顔を引き締める食べ物8選〜

顔が小さい人は「小顔に効く食事」を心がけているということをご存知でしょうか?普段何気なく摂っている食事にも小顔になるためのポイントがいくつか存在するのです。気づかないまま好きなものばかりを食べていると、知らず知らずのうちに顔が太る原因になってしまっているかもしれません。
 
食事のタイミングは一般的に1日3回訪れます。このとき小顔になる食べ物を選んでいれば一石二鳥的に小顔効果を得られるというわけです。どうせならいつもの食事を小顔ケアタイムにして効率よく顔を引き締めたいですよね。
 
そこで当記事では小顔になれない原因と食べるだけで顔を引き締めることが出来る食材をご紹介します。
 
 

顔が太るのはどうして?小顔になれない原因は大きくわけて4つ

食事内容を見直す前に、まず小顔を妨げる原因となる4つのポイントを解説します。どれか1つでも当てはまっている場合は、すぐにでも食生活を改善しましょう。小顔を目指す方法は複数存在しますが、体の中から変えることでより効率的に顔を小さくすることが期しますよ。
 

むくみ

 
退屈そうな女性
 
全身張り巡らされたリンパ管のなかには老廃物や余分な水分などを運ぶリンパ液が流れています。リンパ管には心臓が持っているようなポンプ機能が備わっていないため、自動的にリンパ液を流すことが出来ません。リンパ液がスムーズに流れていかないと、体内に老廃物や水分が溜まりやすくなり、体中をむくませる原因となります。
 
顔がむくめば、当然顔のサイズが大きくなってしまいます。つまり小顔を目指すためにはむくみケアを行うことが重要なのです。むくみケアには色々な方法がありますが、日頃の食事を見直すことでむくまない体質を目指すことが可能です。
 

顔を小さくするには骨格を変えないとダメなの!? 〜自宅でできる小顔ケア6選〜テレビや雑誌で活躍している女優やモデルの顔は小さく、小顔は美人の条件のひとつとされいます。小顔には明確な定義がないものの、一般的には八頭...

 

顔の筋肉が衰えてたるんでいる

顔が大きくなってしまう理由としては、顔の筋肉の衰えが挙げられます。
顔には表情筋や深層筋という2種類の筋肉が存在するのをご存知でしょうか?顔の表情を作る表情筋は深層筋によって支えられています。深層筋が衰えれば表情筋をサポートしきれなくなって顔を大きく見せてしまうほか、ほうれい線やシワ、たるみなどのエイジングサインを引き起こす原因となるのです。
 
また衰えた深層筋はお肌に栄養を届けることができないため、老廃物の排出が滞るようになり、お肌にシワやくすみを生じさせることも。
顔の筋肉の衰えは小顔を妨げ、お肌にエイジングサインをもたらすため、エクササイズなどで鍛えることが重要です。
 

脂肪が付きすぎている

 
驚く女性
 
自身の体重が標準体重を上回っている場合、体のみならず顔にも余分な脂肪が付きやすくなります。顔に脂肪が付けば、当然ですがその分だけ顔が大きくなります。特に丸顔の方が太ると顔が肥大化しやすいです。
ちなみに、体脂肪率は次の計算式で求めることが出来ます。
 
体脂肪率(%)=体脂肪(Kg) ÷ 体重(Kg)× 100
 
18歳から39歳までの日本人女性の標準的な体脂肪率は21〜27%、日本人男性の標準的な体脂肪率は11〜16%となっていますので、この数字をオーバーする場合は、顔にも脂肪が付きやすく、サイズが大きくなりやすい傾向にあります。
 

骨格が歪んでいる

生まれつき骨格がゆがんでいると顔も大きくなりやすいです。例えば、右側のエラが左側のエラに比べて外に張り出していれば、その分左側の輪郭が大きく見えます。
 
先天的な理由によって骨が歪んでいるケースのほかには、後天的に骨格がゆがむ場合もあります。例えば、上への歯の噛み合わせが悪かったり、食事を摂る際にいつも片側ばかりで咀嚼するクセがあるるとどちらか一方の頬や顎ばかりが肥大化してしまい、顔を歪ませる原因となるのです。
 
鏡の前に立って左右それぞれを比べてみたり、斜め45度の角度で左右それぞれ写真撮影を行った際に右半分と左半分の顔の印象が大きく異なっている方は、骨格がゆがんでいる可能性が高いです。
 

【小顔ケア】顔が左右で違うのは歪みが原因!? 〜やめるべき生活習慣と改善方法5選〜左右でバランスの整った顔は美人の証。しかし完璧に左右対称の顔を持っている方はごくわずかで、ほとんどの方の顔は左右非対称です。 「右...

 
 

【原因別】小顔になれる食べ物8選

ここからは食べるだけで小顔を目指すことが出来る食べ物を8つご紹介します。これらの食材を日々の食生活に積極的に取り入れて、大きな顔を小さくしましょう。
 

むくみに効く食べ物

小顔の大敵となるものといえば、むくみです。筋肉がこったり体のめぐりが悪化すると老廃物や余分な水分がスムーズに排出できなくなり、顔をむくませてしまいます。そこでむくみの症状を改善する食べ物を積極的に摂取すれば顔のむくみを取ることができ、フェイスラインが引き締まるといわれています。
 

1.バナナ

 
バナナ
 
食事などで塩分を取りすぎると、体がむくみやすくなります。これは体内に塩分が過剰にある状態だと、塩分を薄めようとして体内に水分が溜まりやすくなるためです。つまり塩分の多い食事を摂った際は、その塩分を排出することが重要。塩分を摂ったとしてもその分きちんと排出できるのであれば良いのです。
 
体内の余分な塩分を輩出してくれるものといえば、カリウムです。日頃からカリウムをたくさん含む食材・食品を摂ることが、むくみからくる大顔をケアするためのポイントになります。なかでもバナナはカリウムの排出を促す果物として知られていますので、朝ごはんに置き換えたりデザートにするなど食生活の一環に取り入れてみましょう。
 

2.ヒジキなどの海藻類

 
海藻
 
小顔を目指すためにはむくみを取ることが必須。そこでおすすめなのがカリウムを多く含む食材や食品です。日本食でよく使われるヒジキや海苔、ワカメやもずくなどといった海藻類にもカリウムの排出を促進する働きがあります。これらを1日3食全てで摂取する必要はありませんが、1日1回は食べる機会を設けると良いでしょう。
 
海藻類を日常的に食べるようにすれば体内に蓄積される余分な塩分や水分がスムーズに排出されるようになり、むくみ知らずの小顔美人を目指すことが出来ますよ。
 

顔の筋肉を鍛えるのに効く食べ物

続いてはアプローチを変え、よく噛むことで顔の筋肉を鍛えることができ、結果的にフェイスラインが引き締まるとされる食材を2種類ご紹介します。
 

3.セロリ

 
セロリ
 
小顔を手に入れるためには顔の筋肉=表情筋や深層筋をバランスよく鍛えることが重要です。しかし、普段からストレスや疲労などで顔の筋肉が凝り固まっている状態だと、トレーニングを行ってもなかなか筋肉を鍛えることが出来ないのが実情になります。
 
そこでおすすめなのがセロリです。セロリの葉っぱには香り成分であるピラジンが含まれており、これが体のめぐりを改善し、凝り固まった筋肉をほぐしてくれます。ストレスを感じる際に奥歯を食いしばったり歯ぎしりをするクセがある方は、常に筋肉が緊張状態となってエラが発達している可能性が高いです。
 
セロリには他にも疲れを癒やす効果や精神安定の作用も期待できます。食事に取り入れることでリラックスやヒーリング効果を得れば、表情筋や深層筋のトレーニング効率もアップしますよ。
 

4.ビーフジャーキー

 
ビーフジャーキー
 
近年、ビーフジャーキーが美容と健康に良いということで注目を集めています。ビーフジャーキーとは牛肉を乾燥させた保存食料のことで、日本ではお酒のおつまみとして人気です。ビーフジャーキーは乾燥肉なので固く歯ごたえがあり、これをよく噛むことでで表情筋が鍛えられフェイスラインが引き締まるそうです
 
さらにビーフジャーキーには良質なタンパク質や鉄分、亜鉛やビタミンB2・B12、ナイアシンや葉酸、ミネラルなどの栄養を豊富に含まれているため、筋肉づくりに最適です。しかもカロリーは100gあたり300kcal以下とかなりの低カロリー。ビーフジャーキーはダイエット中の間食にも小顔づくりの食事としても最適と言えるでしょう。
 

脂肪を燃焼するのに効く食べ物

続いてご紹介するのは脂肪を燃焼させて顔の脂肪を落とし、小顔に導く食材です。顔を小さくしたい方にはもちろん、ダイエット中の方にもおすすめします。
 

5.生姜

 
生姜
 
お寿司のガリや豚肉の生姜焼きなど、意外にも日常生活でよく目にする生姜には体を芯から温める効果があり、体のめぐりを改善します。生姜によって体のめぐりが促進されると基礎代謝量があがり、脂肪が燃えやすい体を作ることが出来るのです。
 
また生姜には自律神経を整える効果も期待できます。ストレスやいらいらを感じた際に歯を食いしばってしまったり歯ぎしりをしてしまうくせがある方は、生姜のリラックス効果によって改善する場合があり、結果として大顔の原因となるエラ張りなどを解消することに繋がります。
 

6.牛肉などのヘルシーな赤身肉

 
牛肉 赤身
 
「ダイエット中はお肉厳禁!」というイメージを持たれている方は少なくありませんが、脂肪分の少ない赤身肉はダイエットの強い味方です。お肉に含まれるタンパク質(アミノ酸)は体内の様々な組織を作る源。タンパク質は常に代謝されている状態なので食事などできちんと補わないと量が不足してしまい、筋肉中のタンパク質を分解していってしまいます。
 
筋肉が分解されれば筋肉量が減少するため、基礎代謝量もあわせて低下し、脂肪が燃えにくい体になってしまいます。つまり、タンパク質をとらないと脂肪を溜め込みやすい体なり、顔を大きくさせてしまうということです。そこでおすすめなのが脂肪分の少ない牛肉や無肉などの赤身肉。牛肉やラム肉の赤身には脂肪燃焼効果のあるカルニチンが豊富に含まれているので、小顔のためには積極的に食事に取り入れてゆきましょう。食べる際はよく噛むことが重要です。
 

骨格の歪みを改善するのに効く食べ物

奥歯を食いしばったり、片方の歯でばかり咀嚼するくせのある方は、骨格が歪んで顔を大きくさせている可能性があります。ここでは骨格の歪みを解消するためにおすすめの食品をご紹介します。
 

7.ガム

 
ガム
 
上下の噛みあわせが悪かったり、ストレスを感じた際に奥歯を噛みしめるクセや食事の際に片方の歯ばかりで咀嚼するクセのある方は、顔だけでなく全身の骨が歪んでいる場合があります。この場合はガムを使って骨格の矯正を行うことが出来ます。
 
ガムによる矯正の方法はとてもシンプルです。2粒のガム用意し、左右それぞれの奥歯に1粒ずつガムを挿入し、そのまま30回程度噛むだけです。これにより左右で偏った噛み癖が矯正されるほか、表情筋が鍛えられることで小顔に近づくことが出来ます
 
ガムを噛む事には他にも嬉しい効果があります。そのひとつとしては、脳のめぐりが促進されることで眼精疲労が緩和されたりイライラや肩コリが解消されます。また集中力のアップにも繋がりますので、仕事の合間などにガムを噛むことリラックスに繋がります。
 

【ながらケア】ガムを噛むだけ!5歳若返るほうれい線エクササイズ「ほうれい線が気になる」「できるだけお金を掛けずにほうれい線をケアしたい」などと、見た目年齢を上げる原因となるほうれい線にお悩みの方は少...

 

8.スルメ

 
スルメ さきいか あたりめ
 
ガムのように噛みごたえがあるものが骨格の矯正に有効であることがおわかりいただけたと思いますが、もうひとつおすすめなのがスルメです。ビーフジャーキーと同じく噛めば噛むほど味が出るスルメは、左右で30回ずつ噛んでいてもなかなか飽きません。よく噛むことでで表情筋が鍛えられフェイスラインが引き締まる嬉しい効果もあるためおすすめの食材です
 
また、スルメにはタンパク質が豊富に含まれるため、コラーゲンの生成をサポートし美肌効果も期待できます。上下の噛みあわせが悪かったり、ストレスを感じた際に奥歯を噛みしめるクセや食事の際に片方の歯ばかりで咀嚼するクセのある方は、間食としてスルメを選んでみてはいかがでしょうか。
 
 

小顔の大敵!食生活で気をつけるべきポイントとは?

ここからは、日頃の食生活で大顔になりやすい傾向を解説します。小顔になるためには次の4つのポイントを抑えることが重要です。
 

塩分が多い食事を控える

 
ピザ 味の濃い食事
 
パスタやピザ、カレーやラーメン、ハンバーガーや牛丼など、味の濃い食事には塩分が豊富に含まれます。特にコンビニで売られている食事やインスタント食品、外食メニューなどには多くの塩分が含まれており、これらを食べると体内に余分な塩分が蓄積され、塩分濃度を薄めるために体内に水分が留まります。
 
体が塩分や水分を溜め込むと、当然ですが全身がむくみます。顔がむくめば顔のサイズも肥大化するので、小顔になるためには塩分の少ない食事を摂ることが重要です。
 
先に述べたバナナやヒジキなどの海藻類は、体内の塩分や水分を排出するカリウムを多く含みます。カリウムを多く含む食材を取り込むのもまたむくみを取るには大切なポイントになります。
 

糖質が多い食事を控える

白米やパン、パスタやじゃがいもなど糖質を多く含む食品を取りすぎると肥満の原因になると言われていますが、それはなぜなのでしょうか? 糖質が体内に取り込まれると、その多くはブドウ糖に分解されエネルギーとして活用されます。しかし、糖質を摂りすぎると余ったブドウ糖が脂肪に変換されてしまい、体内に体脂肪として貯蓄されてしまうのです。
 
顔を大きくさせる原因のひとつは脂肪です。顔の脂肪を減らして小顔を手に入れるためには、糖質が多い食事を控えることが不可欠。1日3回の食事では肉魚を中心に野菜をたくさん摂取し肥満を防ぎましょう。
 

脂肪分が多い食事を控える

 
バター 脂肪
 
バターやチーズ、生クリームや肉・魚の脂身など脂肪を多く含む食材にも注意が必要。脂肪には飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸の3種類が存在し、なかでも脂身の多い牛肉や豚肉、ハムやソーセージなどの加工食品に多く含まれる飽和脂肪酸は血中の悪玉コレステロール値を上げる厄介な存在です。
 
血中の悪玉コレステロール値が上がると肥満の原因にもなりますし、最悪の場合は動脈硬化を引き起こすことも。食事の際は脂肪を取りすぎないことが小顔に近づく第一歩となります。
 

過度な飲酒を控える

お酒が好きだったり、ストレス解消の目的で飲酒が習慣になっている方は、なかなか小顔に馴れません。飲酒は適度であれば問題ありませんが、過度の飲酒がクセになっていると顔が大きくなってしまうのです。
 
なぜなら、アルコールを摂取すると血中のアルコール濃度が上昇して血管を拡張し、リンパや静脈が水分を余分に溜め込むようになり、全身をむくませてしまうからです。体がむくめば当然顔もむくみ、小顔とは無縁の状態に。小顔を目指すためにはアルコールの摂取量を減らし、むくみを取ることを心がけましょう。
 

【男性向け】顔が痩せるとモテる! 男の顔太りの原因と対策6選小顔は美人の条件のひとつ。男性の場合でも、顔は小さければ小さいほど良いとされています。 顔が小さいとスタイルがよく見えるだけでなく...

 
 

もっと簡単に小顔を手に入れたい人には貼るだけで効く美容鍼がおすすめ♪

「小顔になりたいけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。
 
HARIRIモニター_1
 
美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。
本来は国家資格を持った鍼灸師しか施術できませんが、貼る美容鍼なら一般の人でも手軽にセルフケアできちゃいます♪
 
なかでも、とくにおすすめしたいのが『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』
 
https://media.hariri.jp/no0104/
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです!
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。
 
「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を使って簡単に小顔ケアしよう♪

あなたにおすすめ美容術