小顔

【イラスト解説】顎を引くと小顔になれるってホント!? 〜正しく顎を引く方法とは〜

小顔に憧れる方は多く、小顔矯正サロンやコルギエステに通われる方は後を絶ちません。しかし小顔矯正やコルギでもともとの骨の位置を動かすことは不可能です。通っていて「顔が小さくなった!」と実感されている場合、それは施術によって顔のむくみがとれてサイズが縮小した可能性があります。
 
顔のむくみをとって小顔にする方法は様ありますが、以前SNS上で「顎引くだけで小顔になれる!」と話題になったのをご存知でしょうか? 顎を引くだけで小顔になれるのであればお金もかからず、美容整形のようなリスクもありません。当記事では顎を引くだけで小顔を目指す方法をご紹介します。
 
 

小顔になれる!正しく顎を引く方法とは

巷では「顎を引くだけで小顔になれる」ともっぱらの評判ですが、顎の引き方には正しい方法があるそうです。正しい顎の引き方を学び、理想の小顔を目指しましょう。
 

正しい顎の弾き方

 
顎を引いて小顔になる方法2
 
顔を小さくするためには正しいフォームで顎を引くことが重要になります。小顔作りで顎を引く際は、顔を正面に向けた状態で固定し、顎だけでなく首全体を後方に引くようなイメージを持つようにしてください。具体的には肩甲骨同士をぎゅっと中央に引き合い、頭全体を後ろにグッと引く形になります。
 
正しく顎を引けば顎周辺が引き締まり、フェイスラインがシャープになります。また首自体が細く見える効果もあるため、写真写りが格段に良くなりますよ。
 
普段からスマホやパソコンを長時間使用している人は、猫背になりがち。したがって、首も前方に出ている方が多いです。この姿勢は「スマホ猫背」とも呼ばれ、老けてみられる原因に。「スマホ猫背」になっている自覚がある方は、正しいフォームで顎を引く癖をつけましょう。
 

【セルフケア】顔の下膨れを撃退! 〜解消方法6選〜丸顔、面長、小顔など、顔には様々な形がありますが、「下膨れ顔」に悩む方は多いです。 下膨れ顔とは、頬周辺からあごにかけてのフェイス...

 

間違った顎の弾き方

 
顎を引いて小顔になる方法2
 
「顎を引く」と聞いて多くの人がやりがちなのが、顎だけを引いて頭を前方に傾けてしまうフォームです。たしかにこの状態は顎を引いていることになりますが、頭を下げながら顎を引くと顎周辺のタプタプとしたたるみが強調され、二重あごを引き起こす原因に。
 
証明写真を撮る際、しっかり顎を引いたのに顎周りのもたつきが目立つ場合は、顎の引き方を間違えている可能性があります。正しいフォームで顎を引くのに比べ、間違ったフォームは楽な姿勢なので癖になりがちですが、間違った顎の引き方では小顔になることはありません。
 
小顔になるためにも写真写りを良くするためにも、顎は間違ったやり方で引いてはいけません。正しいフォームで顎を後ろに引き、理想的な美顔を目指しましょう。
 
 

顎を引くと小顔になれる理由

 
OK(GOOD)イメージ
 
正しいフォームで顎と頭を後方へ引くと小顔になれることがわかりました。でも、あごを引くだけで小顔になれるなんて不思議ですよね。具体的にはどんな仕組みで小顔効果を得ることが出来るのでしょうか。
 
正しいフォームで顎を引いた姿勢では、首筋にある筋肉を緩めることができます。すると体全体のめぐりが改善されて顔のむくみが解消され、小顔ケアに繋がるのです。
 
さらに正しいフォームで顎を引けば口呼吸がしづらくなり、鼻呼吸が増えて二重顎を解消します。二重顎がなくなれば当然小顔に見えるため、二重顎でお悩みの方は正しいフォームで首を後ろへと引いてみてください。
 
顎を引いて小顔を手に入れる方法にはコストが掛かりません。小顔を手に入れるためにエステや美容整形を検討されている方、あるいはすでに通っている方は一度、顎引くだけの小顔法に挑戦してみてください。
 
 

小顔以外にもメリットがたくさん!顎を引くことで得られる効果とは

 
楽しい 快適 すっきり
 
正しいフォームで顎を引くと、むくみが解消されて小顔になったり、写真写りが良くなったりと嬉しい効果がありますが、これ以外にも頭痛や肩コリなどの不調を改善する効果も期待できます。顎を引く姿勢は頭の重量を肩だけでなく体全身で支えることになるため、首や肩の負担が減って頭痛や肩コリが起きにくくなるのです。
 
また、肩コリのみならず腰痛の予防・対策にも繋がります。顎を引いた姿勢になると上半身の重量を腰だけでなく下半身全体を使って支えることになるため、腰に負担がかかりにくくなるからです。まとめると、正しいフォームで首を引くことには以下のような効果があります。

  • むくみが解消されて小顔になる
  • 二重顎ができにくくなる
  • 写真写りが良くなる
  • 頭痛が改善する
  • 肩コリが治る
  • 腰痛が緩和される

 
 

顎を引くと苦しくなってしまう理由

小顔効果のみならず、健康上にも良い影響を与える顎引き小顔法ですが、慣れないうちは苦しさを感じる場合も。ここでは顎を引くことで違和感を覚える原因を2つご紹介します。
 

首の引き方が正しくない

 
NGイメージ
 
顎を引くとき、正しいフォームを意識しすぎて首の引き方を間違えていませんか?たとえば下を向きすぎると気道を狭めてしまったり、二重顎を作ってしまう場合があります。
 
正しいフォームでキープできない場合は、鏡の前に立って自分の姿勢を確認し、常に正しいフォームで顎を引くようにしましょう。繰り返すことでクセがつき、いつのまにか確認しなくても正しく顎が引けるようになります。きゅっと引き締まった小顔を手に入れるためには焦らず毎日鏡の前で正しいフォームを練習することが重要です。
 

顎を引く姿勢に慣れていない

長年に渡ってスマホ猫背が癖になっていたり、首を前に出している状態が普通になっていると、正しくあごを引いた姿勢が苦痛に思える場合があります。正しいフォーム=楽な姿勢ではありません。小顔を手に入れるためには、無理のない範囲で毎日少しずつ顎を引く姿勢に慣れてゆきましょう。
 
日々継続していれば、体がだんだんと顎を引いた姿勢を覚え、苦しさを忘れてゆきます。はじめのうちはすぐに猫背に戻ってしまいますが、意識的に正しいフォームで過ごす時間を増やしてゆけば問題ありません。
 

【セルフケア】顔の下膨れを撃退! 〜解消方法6選〜丸顔、面長、小顔など、顔には様々な形がありますが、「下膨れ顔」に悩む方は多いです。 下膨れ顔とは、頬周辺からあごにかけてのフェイス...

 
 

手軽に小顔を手に入れたい人には貼る美容鍼もおすすめ♪

「小顔になりたいけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。
 
HARIRIモニター_1
 
美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。
本来は国家資格を持った鍼灸師しか施術できませんが、貼る美容鍼なら一般の人でも手軽にセルフケアできちゃいます♪
 
なかでも、とくにおすすめしたいのが『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』
 
https://media.hariri.jp/no0104/
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです!
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。
 
「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を使って簡単に小顔ケアしよう♪

あなたにおすすめ美容術