小顔

【徹底解説】小顔に写る! 〜とっておき写真撮影テクニック9選〜

美人の条件のひとつといえば小顔です。テレビや雑誌で人気の女優やモデルは平均して小顔の方が多く、写真写りが良い方も小顔の傾向にあります。
 
誰もが憧れる小顔ですが、そもそもの骨格があるため一瞬で小顔になれる方法は残念ながらありません。しかし、写真に収まる瞬間に工夫をすることで、実際の顔のサイズよりも小顔に見せることは可能です
 
そこで当記事では写真撮影の際に役立つ小顔テクニックを9つご紹介します。自撮りでも他撮りでも実践できるので、楽しい思い出づくりの一環に、ぜひ今日から心がけてみてくださいね。
 
 

もう写真を撮るのは怖くない!撮影シーン別小顔テクニック9選

「鏡で見ている顔と写真に写った顔がぜんぜん違う……」と感じている方は多いはず。なるべくなら写真写りは鏡で見たままの姿に近づけたいですよね。
 
そこで、ここでは写真撮影が好きになる小顔テクニックを解説します。
 

自撮り(セルフィー)で小顔に写る方法

今はSNSの時代。TwitterやInstagramに自分で撮った自分の写真=自撮り(セルフィー)を掲載する方が多く、より可愛くよりキレイに撮影することに気を遣われているはずです。
 
ここでは誰より「映える」自撮り(セルフィー)を採るテクニックを3つご紹介します。
 

1.利き顔&上目遣いの自撮り(セルフィー)

 
自撮りイメージ
 
右の顔と左の顔で比べた際、気に入っている顔はどちらですか?人間の顔はもともと左右非対称にできているため、同じ人であっても右の顔と左の顔では印象がガラリと変わる場合があります。
 
右と左で比べた際、より気に入っている方=写真写りが良い方の顔を「利き顔」と言います。自撮り・他撮り問わず、写真に映る際はこの利き顔を中心に写すと満足の行く出来に近づきやすいです。
 
おすすめはカメラを頭の上より高く持ちあげ、利き顔を見下ろすように撮る方法です。このとき、あごを引くとフェイスラインがシャープに見え、小顔を演出することが出来ます。
 

【イラスト解説】顎を引くと小顔になれるってホント!? 〜正しく顎を引く方法とは〜小顔に憧れる方は多く、小顔矯正サロンやコルギエステに通われる方は後を絶ちません。しかし小顔矯正やコルギでもともとの骨の位置を動かすことは...

 

2.虫歯のポーズ

 


 
虫歯のポーズは片手で顔の大半を覆い隠せるため、小顔効果抜群。女性らしく可愛らしい見た目なのも人気の理由のひとつです。一時期はSNSが虫歯のポーズ一色になるほど流行しました。
 
「虫歯のポーズ+目線外し」や「虫歯のポーズ+困り眉」などアレンジも効きます。自然に小顔に見せたい方や丸顔、下膨れ顔の方におすすめです
 

3.あごピース

 


 
あごピースは面長の方におすすめ。ピースサインを作り、フェイスラインにあてがうことであごの長さをカバーすることが出来き、顔の縦幅を短く見せる効果があります
 
ネイルアートを施している場合はデザインのアピールにも繋がります。元気でハツラツとした印象を与える小顔ポーズです。
 

集合写真で小顔に写る方法

大勢人で写真に写ったとき、自分だけ膨張して見えた経験はありませんか?せっかく楽しい思い出を形に残すなら、納得の行く写りで写真に収まりたいですよね。
 
ここでは他撮りや集合写真などで小顔に映るためのテクニックを3つご紹介します。
 

4.立ち位置はセンターを確保!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

長谷川恵美さん(@hasegawa_emi_)がシェアした投稿


 
複数人でカメラのフレームに収まるとき、立ち位置はなるべくレンズの中心に近づくことがおすすめです。
 
被写体が多い場合、カメラマンは広角系のレンズを使用することが多く、広角系レンズはフレームの端へ行くほど被写体が引き伸ばされる特徴があるためです。フレームの端で映っていると、後で写真を見返した際に実物より太って見える恐れがあります。立ち位置は必ずセンター周辺を確保しましょう。
 

5.半歩後ろに下がって映る

みなさんは遠近法をご存知ですか?遠近法とは近くにあるものより、遠くにあるもののほうが小さく見える現象のこと。
 
集合写真に映る際はこの遠近法を利用し、他の人よりも半歩後ろに下がることがおすすめです。カメラから少しでも離れることによって、周囲よりも小顔に見せることが出来ます。
 
ただし後ろに下がりすぎると、写真を見返したときに違和感がありますので注意が必要です。あくまでも周囲にばれない程度で遠近法を活用してみてくださいね。
 

6.斜め45度の角度でスリムに

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ももかさん(@mmk___729)がシェアした投稿


 
カメラに対して真正面を向いて映るより、体や顔の角度を斜め45度にすると、全身がスリムに見えます。また省スペースにも繋がりますので、カメラのフレームにより多くの被写体を写すことが出来ます。
 
カメラを向けられたらさり気なく半身を後ろに引き、斜め45度の角度を意識しましょう。このとき、真横になりすぎるとウエストなどが強調されて太って見えやすくなりますので、少し体をひねる程度がおすすめです。
 

証明写真で小顔に写る方法

運転免許証やパスポート、履歴書のために必要となる証明写真。撮影の機会がほとんどないことや、真正面から角度をつけずに撮影されるなどの理由から苦手に感じる方が少なくありません。
 
少しでもキレイに証明写真を撮るためにはどんなテクニックを駆使すればよいのでしょうか?
 

7.首元が開いたデザインのトップスを着る

 

この投稿をInstagramで見る

 

パーソナルファッション®スタイリスト 三好 凛佳さん(@rinka.miyoshi)がシェアした投稿


 
証明写真に映る際は、なるべく首元が開いたトップスを着ることがおすすめです。VネックやUネック、キーネックなど首元がオープンになっていると小顔に見せることが出来ます。
 
反対に、タートルネックは顔を大きく見せてしまうためNGです。
 
就職のための履歴書ではなかなか難しいかもしれませんが、運転免許証やパスポート用の証明写真では実践できるテクニックですので、証明写真を撮る予定がある方はあらかじめ襟ぐりの開いた開いたトップスを用意しておきましょう。
 

8.明るい色の服を選ぶ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

MyOfficeLookさん(@myofficelook)がシェアした投稿


 
証明写真を撮る際は、白やレモンイエロー、スカイブルーやパステルピンクなど明るい色のトップスを選ぶとレフ板の効果を果たし、顔を明るく見せてくれます。また、生地はシンプルな無地を選びましょう。ストライプやボーダー柄などはゴチャ付いた印象をもたらし、実際よりも顔を大きく見せてしまいます。
 
証明写真を撮る際は、プリントがなくパステル寄りの明るいカラーのトップスを準備して、小顔効果を狙いましょう。
 

9.まとめ髪にする

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hiromi 💇✴💆hairmakeさん(@dfilerhiromi1)がシェアした投稿


 
証明写真を撮る際は、ダウンスタイルよりもアップスタイルがおすすめです。ダウンスタイルでは毛先が目立ちますので、アップスタイルなら清潔感ある印象にも繋がります。
 
アップスタイルは首元や顔周りをスッキリ見せてくれるほか、髪を結わえる際に頭皮が引っ張られるためフェイスラインのリフトアップ効果が期待でき、小顔を演出することが出来ます。
 
運転免許証やパスポートなど比較的カジュアルな証明写真では、顔周りに多少の後れ毛を出してもOK。動きを出すことで、顔を小さく見せることが出来ますよ。
 
 

「もっと小顔に写りたい!」というときは小顔修正ができるアプリがおすすめ

スマートフォンを使って自撮りや他撮りをする際、「もっと小顔になりたい!」という望みに答えてくれるのが小顔修正に対応したカメラアプリです。
 
ここではおすすめの小顔修正アプリを3つご紹介します。
アプリストアからダウンロードして、今日から簡単に小顔を作りましょう!
 
【小顔修正できるアプリその①Beauty Plus(ビューティープラス)】
「Beauty Plus(ビューティープラス)」には「顔体痩せ」という機能がついており、フェイスラインをシェイプして顔全体をほっそりした小顔に修正してくれます。
 
サイドバーを上下にスライドさせてサイズを調節するだけで、あっという間に自然な小顔になれます。
 
【小顔修正できるアプリその②Bestie(ベスティ)】
「Bestie(ベスティ)」は目元からあごにかけての輪郭をスマートに出来る小顔修正アプリです。画質も良く、シンプルな使い心地で人気です。
 
類似のアプリとしては「LINE camera」が挙げられます。
 
【小顔修正できるアプリその③SNOW(スノー)】
「SNOW(スノー)」は多彩な顔認証スタンプ&フィルターで爆発的に流行したカメラアプリです。現在でも様々なエフェクトが追加されており、その人気は他の追随を許しません。
 
Beauty Plus(ビューティープラス)やBestie(ベスティ)との一番の違いは、小顔エフェクトをかけたまま動画が撮影できること。動画内でも自然な小顔をキープできるので、自分が本当に小顔になったような錯覚を覚えます。
 
「SNOWなしでは写真が撮れない」という方がいるのも納得のクオリティです。
 
 

「絶対に小顔に写りたい!」という人は小顔ケアも取り入れて

 
小顔ローラー(美顔ローラー)
 
今回ご紹介した小顔テクニックは、残念ながら写真や動画内でのみ効果を発揮するものです。肉眼で実物を見た状態でも小顔になりたい場合は、小顔エクササイズやマッサージなどを取り入れて、もともとの顔を小さくする努力が必要です。
 
おすすめは小顔ローラーを使用すること
顔の上で小顔ローラーをコロコロと転がせば、フェイスラインのたるみを引き締めたり、顔のコリをほぐしてむくみを解消することができるので、リフトアップや小顔効果が期待できます。
 
小顔のためにはかっさプレートを使って顔をマッサージすることもおすすめ。
最初にマッサージクリームを塗り拡げ、皮膚を摩擦しないようフェイスラインや顔のこりに沿って刺激することで、むくみのない小顔を目指すことが出来ますよ。
 

https://media.hariri.jp/no0256/

 
 

貼る美容鍼なら寝てる間に小顔になれちゃう♪

「小顔になりたいけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。
 
HARIRIモニター_1
 
美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。
本来は国家資格を持った鍼灸師しか施術できませんが、貼る美容鍼なら一般の人でも手軽にセルフケアできちゃいます♪
 
なかでも、とくにおすすめしたいのが『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』
 
https://media.hariri.jp/no0104/
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです!
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。
 
「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を使って簡単に小顔ケアしよう♪

あなたにおすすめ美容術