ほうれい線

【解説】ゴルゴ線は太ったら薄くなるってホント!?〜ゴルゴ線ができる仕組みと対策方法3選〜

ほうれい線やシワ、たるみやマリオネットライン、ブルドック頬など、エイジングサインには様々な種類がありますが、なかには「ゴルゴ線」と呼ばれるものも存在します。
 
医療用語で「ミッドチークライン」と呼ばれるゴルゴ線は、目頭から鼻筋の間あたりからはじって頬周辺まで伸びる「ハ」の字型のラインのこと。ゴルゴ線は顔にあるだけで実年齢よりも老けて見える原因となりますが、太ると薄くなると言われています。
 
ゴルゴ線は太ったら本当に薄くなるのでしょうか?
 
 

ダイエットして痩せると目立つと噂のゴルゴ線

 

 
マンガ『ゴルゴ13』の主人公に由来するゴルゴ線はそこにあるだけで老けてみられるのみならず、なんとなく不機嫌そうで怖い印象を与えます。なるべくなら早くゴルゴ線を消したいところですが、「ゴルゴ線はダイエットすると目立つ」との噂が。
 
実際、SNSでは「ゴルゴ線は痩せると出てくる」「痩せたらゴルゴ線が濃くなった」などの書き込みが多く見られます。美しくなるためにダイエットを行い、痩せたらゴルゴ線が顔にあらわれるなんて悲しいですよね。
 
それではどうしてダイエットによって痩せると顔に老け見えの原因であるゴルゴ線が出来てしまうのでしょうか?
 
 

太ったらゴルゴ線は目立たなくなるの?

 
食事イメージ
 
ダイエットで痩せると目立つとされるゴルゴ線ですが、逆に太ればゴルゴ線は目立たなくなるのとされています。そもそもどうしてゴルゴ線は出来てしまうのでしょうか?
 
顔には脂肪を支える靭帯があり、その上に脂肪や皮膚が乗っている状態になります。加齢などの要因から脂肪や皮膚がたるむと、靭帯のラインがくっきりあらわれ、ゴルゴ線を強調してしまうのです。ゴルゴ線は眼輪筋が衰えることで目立つとも言われています。
 
そのため、年齢を重ねて表情筋が衰えたり、無理なダイエットなどで急激に痩せると皮膚がたるんでゴルゴ線がくっきりとしてしまうのです。つまり、ゴルゴ線はもともと顔の脂肪が多い方はできにくいもの。太れば目立たなくなると言われているのも本当なのです
 
 

【結論】体重の増減を繰り返すとゴルゴ線は悪化する!ベスト体重をキープしよう

 
体重計
 
加齢などで表情筋が衰えたり、急激な減量によって体重ががくんと下がると頬がたるみ、老け見えの原因となるゴルゴ線を目立たせてしまいます。無理なダイエットはゴルゴ線のみならず、ほうれい線やブルドッグ頬、マリオネットラインなどといったエイジングサインを引き起こすことにも繋がりますので、なるべくであれば避けたほうが良いでしょう。
 
また突然大幅に痩せたり、反対にものすごく太ったり体重の増減が激しいと、皮膚が伸ばされたり縮んだりしてシワができやすくなります。ダイエットやリバウンドによる皮膚へのダメージは大きく、一度出来たシワが治りにくくなるなどの弊害もあります。
 
ゴルゴ線を悪化させないためにも、ベスト体重をキープするように心がけましょう。
 
 

表情筋を鍛えてハリのある頬をキープ!ゴルゴ線を予防する方法3選

ゴルゴ線は表情筋が衰えることで目立ち始めるとされています。ゴルゴ線を薄くするためには年々衰えてゆく表情筋を鍛え、お肌のハリを保つことが重要です。ここからはゴルゴ線の予防に効果的なセルフケア方法を3つご紹介します。
 

1.顔ヨガで筋力アップ

 


 
ゴルゴ線を撃退するためには顔の筋力をアップさせることが重要です。そこでおすすめなのがお金がかからず、毎日続けることで確実な効果を得ることが出来る「顔ヨガ」です。
 
ゴルゴ線を消すには様々な種類がありますが、なかでも「顔ヨガ」は継続することで早ければ2週間程度で効果が見られるという即効性が魅力。短期間でゴルゴ線を消したい場合は顔ヨガに取り組むことがおすすめです。
 
顔ヨガの効果を最大限得るためには鏡の前で正しいフォームをキープすること。間違ったやり方を繰り返していると逆効果になる場合もあります。顔ヨガを行う際は必ず正解のフォームを再現しましょう。
 

【1日5分】フェイスラインをすっきりさせて−5キロ痩せ見え! 〜顔ヨガ5選〜「手っ取り早く痩せ見えする方法が知りたい」という願望を持つ方は多いはず。実は、体重はそんなに変わらなくても劇的に痩せ見えさせる方法がある...

 

2.ヘッドマッサージで表情筋をほぐす

 

 
ゴルゴ線をもたらす顔のたるみをケアするためには、ヘッドマッサージを行うことが大切です。なぜ顔のたるみを軽減するためにヘッドマッサージを行うのかというと、表情筋を引っ張る役割を持つ筋肉が側頭部に存在するからなのです。
 
側頭部にある側頭筋が凝り固まっている状態では、顔のたるみを引き上げる力が十分発揮されず、ゴルゴ線を目立たせてしまいがち。つまりゴルゴ線を薄くするためにはまず側頭筋のコリをほぐさねばならないのです。
 
顔のたるみに関係する側頭筋は、両耳の上から1cmほどのあたりに存在します。ここを重点的にほぐすことで表情筋のリフトアップに繋がり、ゴルゴ線を薄くすることに繋がります。
 

【簡単2分】高級小顔エステ店で施術するリフトアップ方法〜マル秘テク〜美人の条件のひとつとされる、小顔。たるみがなく引き締まったフェイスラインに憧れる方は多いはずです。 巷には「小顔矯正サロン」や「コ...

 

3.美容鍼でツボを刺激して顔の巡りを改善

 


 
わたしたちの顔は知らないうちにコリ固まっています。たとえばスマホやパソコンの使いすぎ、仕事などのストレス、噛みあわせや寝相などでもコリは悪化し、顔のめぐりを滞らせます。顔のめぐりが悪いと老廃物や余分な水分などが排出されにくくなり、顔をたるませてゴルゴ線を作ってしまいます。
 
そこでおすすめなのが、「美容鍼(びようばり)」を使って顔ツボを刺激し、むくみを解消する方法です。東洋医学発祥の美容鍼は伝統医療としてその優れた美顔効果をWHO(世界保健機関)にも認められています
 
お財布や時間に余裕がある方は定期的に美容鍼サロンに通うことで、ゴルゴ線の原因となるむくみをケアすることを検討してみてください。
 

【決定版】1日5分押すだけ! 〜ほうれい線を消す顔ツボ5選〜 ほうれい線が出来る原因のうち、代表的なものが頬や口周辺の「たるみ」です。加齢によって表情筋が衰えると皮下脂肪が付きやすくなり、そ...

 
 

貼る美容鍼ならいつでも顔ツボを刺激してゴルゴ線ケアができちゃう♪

「ほうれい線は消したいけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。
 
HARIRIモニター_1
 
美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。肌にハリが出るので、ほうれい線対策もバッチリ!
本来は国家資格を持った鍼灸師しか施術できませんが、貼る美容鍼なら一般の人でも手軽にセルフケアできちゃいます♪
 
なかでも、とくにおすすめしたいのが『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』
 
https://media.hariri.jp/no0104/
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです!
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。
 
「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!
 

『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を使って簡単にほうれい線をケアしよう♪

あなたにおすすめ美容術