ほうれい線

【1日5分】頑固なほうれい線を撃退! 〜カンタン体操5選〜

頬に刻まれてしまったほうれい線。そこにあるだけで実年齢よりも5〜10歳ほど老けて見られてしまうため、ほうれい線を消したいと感じていらっしゃる方は多いと思います。
 
ほうれい線はメイクで隠そうとしても溝にファンデーションやコンシーラーが詰まりやすく、きれいにカバーすることが難しいため、根本的な解決を目指すことがおすすめです。
 
そこで当記事では頑固なほうれい線を解消するためのセルフケア方法をご紹介します。簡単にできるストレッチや体操で、老け見えの原因となるほうれい線を薄くしましょう。
 
 

「ほうれい線が消えない」と悩む人は多い

そもそも、ほうれい線について悩んでいる方はどの程度いるのでしょうか?Twitterではほうれい線に関して次のようなつぶやきが多数見られました。
 


 
上記のとおり、「ほうれい線が消えない」と嘆く声が多く、なかには写真を撮る際に口元を膨らませて目立たなくさせるという方も。ほうれい線はエイジングサインのひとつであることから、大人の悩みというイメージがありますが、Twitterの書き込みを見る限りでは10〜20代でもくっきりとしたほうれい線に悩まされているようです。
 
 

ほうれい線の主な原因は表情筋の老化にあり!

ほうれい線は一般的に40歳頃から気になりはじめると言われています。加齢とともに顔の表情金が衰えると、皮膚が皮下脂肪の重みに耐えられなくなってたるみをつくり、ほうれい線をくっきりと目立たせてしまうのです。
 
つまり、ほうれい線の原因のひとつは表情筋の老化!ほうれい線を予防・改善するためには、年々衰えていってしまう表情筋を鍛えることが重要なのです。
 
腹筋、背筋など体を鍛える方法は無数にありますが、顔の筋肉を鍛える方法をご存知の方はそれほど多くないはず。
表情筋を鍛えるだけでほうれい線が治るなら今日これからでも試してみたいですよね。知らない間に進んでしまう表情筋の劣化に歯止めをかけて、ほうれい線を薄くしましょう。それでは、表情筋を鍛える方法にはどんなのものがあるのでしょうか?
 
 

表情筋を鍛えてほうれい線を撃退!カンタン体操5選

ここからはいつでもどこでも簡単に表情筋を鍛えることが出来る体操を5つご紹介します。
そのほとんどが手を使わずにどこでも実施できる簡単な内容になっていますので、出先でも気づいたときにすぐに取り掛かれることが嬉しいポイント。
 
日々の習慣に5つの体操を取り入れて、老け見えの原因となるほうれい線を撃退し、若々しい印象を手に入れましょう。
 

1.ほっぺプクプク体操

 
ほっぺプクプク体操
 
「ほっぺプクプク体操」は、顔の内側から表情筋を刺激することが出来るエクササイズになります。
顔を使った体操は面白おかしい見た目になるものも存在しますが、ほっぺプクプク体操ならちょうど口をゆすいでいるような動作に似ているため、出先で行っても大丈夫です。
 
ほうれい線改善のための体操のなかではもっとも簡単な内容になりますので、まずはほっぺプクプク体操をマスターすることをおすすめします。
 
【ほうれい線に効果的!ほっぺプクプク体操のやり方】

  1. 口の中に空気をめいっぱい含みます。
  2. 口の中の空気を右頬に移動させ、5〜10秒キープしてください。
  3. 続いて左頬に空気を移動させたら、こちらも5〜10秒キープ。
  4. これを1日5 〜10回程度繰り返してください。

 

2.舌回し体操

 
歯茎なぞり体操2
 
「舌回し体操」は歯科医が推奨するほうれい線撃退のための体操です。
顔には体のめぐりに関係するリンパ節がおよそ200種類も存在しますが、通常のマッサージではすべてを刺激することが出来ません。舌回し体操ならより多くのリンパ節にアプローチすることができるため、むくみを予防・解消してほうれい線をケアすることが可能です。
 
舌回し体操には様々な種類がありますが、ここではもっともオーソドックスな「歯茎なぞり体操」をご紹介します。慣れないうちは舌の付け根がつるような感覚になりますが、諦めずに毎日継続すればスムーズに歯茎をなぞれるようになります。
その頃には表情筋が以前よりも強化されているはずですよ。
 
【ほうれい線対策に!歯茎なぞり体操】

  1. 口を閉じ、舌先で上歯茎の表面をなぞるように端から端まで2秒かけて1周します。
  2. 下歯茎でも同様の動作を行います。
  3. これを毎日右回りに10回、左回りに10回行い、慣れてきたら50回まで回数を増やしましょう。

 

【イラスト解説】舌回しはほうれい線に効くってホント!? 〜オススメ体操2選〜ほうれい線は年々深くなります。小鼻の両脇から口元にかけて伸びるラインは、実年齢よりも5〜10歳ほど老けてみせる厄介なもの。 最近では生...

 

3.まいうー体操

 
まいうー体操2
 
まいうー体操3
 
テレビ番組で紹介され、有名女優が1ヶ月実践したところ見事にほうれい線とたるみが消えたということで注目を集めているのが、「まいうー体操」になります。「まいうー」といえば美味しいものを食べたときのリアクション。これがエクササイズになっているというユニークな内容です。
 
【ほうれい線とさよなら!まいうー体操のやり方】

  1. 大きな声で「ま!」と発声し、20秒口の形をキープします。
  2. 次に、頬の筋肉を意識しながら力強く「い」と発声し、20秒キープします。
  3. 最後に口をできるだけすぼめるように「う」と発声し、20秒キープしてください。
  4. これを1セットとして1日5回行うと効果的です。

 

【男性向け】ほうれい線を消すにはどうしたらいいの? 〜男のほうれい線ケア9選〜 男女問わず、年齢とともに目立ち始める「ほうれい線」。 女性の場合、化粧品を使えばある程度メイクでほうれい線を隠すことが出来ます...

 

4.フェイシャルフィットネスの器具を使った体操

巷ではほうれい線をケアするためのフェイシャルフィットネス機器が数多く販売されており、実際に購入して実践してみるのもひとつの手です。
 
PAO
 
ファッション誌やSNSで話題の「PAO」はほうれい線を薄くするだけでなく、たるみやシワにも効果的ということで、老け見え顔でお悩みの方におすすめしたいフェイシャルフィットネス機器です。
 
使い方は簡単。大きく息を吸い込むように口を開き、「PAO」のマウスピースを唇だけでくわえたら、首を上下に振ってバーの両端についたウエイトを揺らすだけです。
 
この動作を30秒間、1日2回行うだけで表情筋を鍛えることができ、結果としてほうれい線やシワ、たるみを改善することが出来るのです。
 
そんな「PAO」はホワイト、ブラック、グリーン、ピンクの4色を展開しており、好みによって選べるのが嬉しいポイント。
ウエイトは18g、23g、28gの3種類を展開しているため、「馴れてきたな」と思ったら負荷量を変更し、表情筋により大きな負荷をかけることが出来ます。
 
ちなみに持ち運び用のポーチが付属するので、旅行先でも気軽に表情筋を鍛えることが出来ますよ。
 

5.顔ヨガ体操「ひょっとこ口」のポーズ

 
顔ヨガ(ひょっとこ口)_4
 
ほうれい線を予防・改善するためには「顔ヨガ」もおすすめ。
なかでも「ひょっとこ口」のポーズは、その名の通りひょっとこのお面のように口を動かす体操で、有名タレントが実践していることでも知られています。
ひょっとこのような表情を作るため少しユニークですが、ほうれい線ケアの効果は抜群ですよ。
 
【ほうれい線ケアに効く!ひょっとこ口のやり方】

  1. 口の形を「う」にして、唇を前方へ突き出します。
  2. そのまま顔の右側へと唇を移動させてください。
  3. ゆっくりと唇を顔の中心へ戻したら、次は左側に移動させます。
  4. 左右1セットとして毎日3セット行うとほうれい線ケアに効果を発揮します。

 

【保存版】顔ヨガでほうれい線を撃退! 〜おすすめポーズ5選〜エイジングサインのひとつとして多くの人々が悩んでいるほうれい線。口元にあるだけで5〜10歳も老けてみられてしまうほうれい線を消すためには...

 
 

やりすぎは逆効果!適度な負荷をかけることがほうれい線改善の近道

今回紹介した体操は、ほとんどが手を使わずにいつでもどこでも取り組める内容ですので、毎日の習慣のひとつに取り入れて頑固なほうれい線を内側から改善へと導きましょう。
 
しかし、何事もやりすぎは禁物。ほうれい線を直したいと強く思うがあまり舌回し体操を1日に何百回も行ったとしたら、顔の筋肉が固くなりすぎてしまい、リンパのめぐりを悪化させかねません。
 
リンパのめぐりが悪いと顔がむくみやすくなり、余計にほうれい線を目立たせてしまいます。体操を行う場合は適度な回数と負荷を守り、一歩ずつ着実にほうれい線ケアを進めましょう。
 

【検証】顔ヨガは逆効果ってホント!?美顔をゲットできる正しいやり方3選テレビやファッション誌、書籍などで話題の「顔ヨガ」。普段なかなか動かさない顔の筋肉=表情筋のエクササイズを行うことで、顔の印象を若々しく...

 
 

「体操は面倒くさい」という人には貼るだけでほうれい線に効く美容鍼がおすすめ♪

「ほうれい線は消したいけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。
 
HARIRIモニター_1
 
美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。肌にハリが出るので、ほうれい線対策もバッチリ!
本来は国家資格を持った鍼灸師しか施術できませんが、貼る美容鍼なら一般の人でも手軽にセルフケアできちゃいます♪
 
なかでも、とくにおすすめしたいのが『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』
 
https://media.hariri.jp/no0104/
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです!
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。
 
「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!
 

『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を使って簡単にほうれい線をケアしよう♪

あなたにおすすめ美容術