ほうれい線

【イラスト解説】舌回しはほうれい線に効くってホント!? 〜オススメ体操2選〜

ほうれい線は年々深くなります。小鼻の両脇から口元にかけて伸びるラインは、実年齢よりも5〜10歳ほど老けてみせる厄介なもの。
最近では生活習慣の乱れによって10〜20代からほうれい線が目立ち始めるケースも増えており、ほうれい線について悩みを抱える方があとを絶ちません。
 
そんな悩み深きほうれい線ですが、近年、SNSなどではほうれい線を消す手段として舌回しが注目されています。舌回し体操はフェイシャルフィットネス機器や両手を使わずに、いつでもどこでもほうれい線をケアできることで人気です。
 
当記事ではそんな舌回し体操の効果と方法をご紹介します。今日からほうれい線ケアをはじめて、明るい笑顔で毎日を過ごしましょう。
 
 

舌回し体操はほうれい線に効果がある上に二重あごを改善して小顔になれる!

そもそも、老け見えの原因となるほうれい線はどのようにして目立ち始めるのでしょうか?
顔には60もの表情筋が存在しますが、わたしたちが日常的に使用する表情筋は全体のたったの20%とされています。
 
普段から使われない表情筋は知らず知らずのうちに衰えてゆくため、その部分の皮下脂肪の重みに皮膚が耐えきれなくなると、たるみが生じてほうれい線の原因となってしまうのです。
つまり、ほうれい線を予防・解消するためには表情筋を鍛えることが重要
 
舌回し体操では「オトガイ筋肉」「口輪筋」といった口周りの表情筋を刺激することが出来るため、鼻の両脇から口元にかけてくっきり刻まれたほうれい線をケアすることが可能です。
 
それに、舌回し体操には顔痩せ効果もあるので、小顔ケアとしてもおすすめです。二重あごが解消してフェイスラインがシュっとしますよ。
 
さらに、舌回し体操には唾液の分泌を促進する効果があります。
唾液の一部は血液中に取り込まれるため、唾液に含まれるパロチンなどの成長ホルモンが体内に吸収されてお肌の新陳代謝や細胞の生成が活発に。
その結果、お肌に弾力が戻ってシミやシワ、むくみなどといった肌トラブルの解消にも繋がります。
 
 

ほうれい線を撃退!舌回し体操2つ

ここからは、ほうれい線ケアに効果を発揮する舌回し体操をご紹介します。
 
簡単な2種類の舌回し体操を普段の週間に取り入れて、日常的にほうれい線をケアしつつ、その他の肌トラブルも改善へと導きましょう。
 

1.歯ぐきなぞり体操

歯茎なぞり体操2
 
歯茎なぞり体操は、舌回しのなかでも有名なエクササイズです。慣れないうちは舌の付け根の周辺がつるような感覚や痛みを覚えますが、毎日継続することでスムーズに歯茎をなぞれるようになります。
 
なめらかに歯茎をなぞれるようになった頃には、口周辺の表情筋が以前よりも強化されているはずです。
 
【ほうれい線対策に!歯茎なぞり体操のやり方】

  1. 口を閉じたら、舌先で上歯茎の表面をなぞるよう、端から端まで2秒かけてぐるっと1周します。
  2. 下歯茎でも同様の動作を行ってください。
  3. これを毎日右回りに10回、左回りに10回行い、慣れてきたら回数を50回まで増やしましょう。

 

2.舌出し体操

 
舌出し体操2
 
舌出し体操3
 
続いて紹介する舌出し体操ではほうれい線ケア効果が得られるほか、舌を前に突き出すことによって胃が刺激されるため、デトックスやむくみ解消の効果も期待できるすぐれものです。
 
【ほうれい線ケア&デトックスに!舌出し体操のやり方】

  1. 体を真っ直ぐにし、顔を少し上に向けた状態で舌を根本から思い切り前方に突き出します。このとき、口角が上がっていることを意識してください。
  2. 舌を上に向けたまま5秒間キープしたら、次は下に向けて5秒間キープします。これを3回繰り返してください。
  3. 上下が終わったら次は左右です。舌を左斜め下に出したら5秒キープ、続いて右斜め下に向けて5秒間キープしてください。こちらも3回繰り返すことがおすすめです。

 
 

舌回し体操のビフォーアフター

ここでは、実際に舌回し体操を行った方の口コミをご紹介します。


 
最初はつらいと感じる人が多い舌回し体操ですが、続けることでフェイスラインに大きな変化を得られることがお分かりいただけたと思います。
 
舌回しは道具を必要とせず、両手を使うこともありませんため、いつでもどこでも気軽に実施できることが嬉しいポイントです。「気がついたら舌回し」を合言葉に、今日から舌回し体操を行って美しいフェイスラインを手に入れましょう。
 
 

間違ったやり方はエラが張る原因に!?舌回し体操をやるときの注意点

ここでは舌回し体操を行う際の注意点をご紹介します。
 
はじめのうちは舌回し体操を行うと、舌の根元がしびれたり痛みを感じる場合があります。そのため歯茎をなぞる動作が雑になったり、ただ口のなかで舌をグルングルンと回しているだけで「やった気分」になり、実際には意味がない時間を過ごしてしまっているケースが見られます。
 
さらに、やりやすい方向ばかり舌回し体操を行っていると、片方の筋肉ばかりが鍛えられ、顔や体の歪みを引き起こしてしまいます。またやりすぎるとエラが張ることもあるので要注意。
 
舌回し体操を行う際はゆっくり丁寧に舌を歯茎に添わせ、右回りと左回りの実施回数がおなじになるように気をつけましょう。
 
また、舌回し体操を行っていて歯並びや噛みあわせに感じた場合、すぐに舌回し体操を中断して歯医者を受診してください。
 
なお、慢性的な首コリや痛みがある方、リンパ系の持病がある方、舌に傷があったり顎関節症を患っている方は舌回し体操を行うことで症状が悪化する場合がありますので、絶対に実施しないでください。
 
 

もっと簡単にほうれい線ケアをしたい人には貼る美容鍼がオススメ♪

「ほうれい線は消したいけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。
 
HARIRIモニター_1
 
美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。肌にハリが出るので、ほうれい線対策もバッチリ!
本来は国家資格を持った鍼灸師しか施術できませんが、貼る美容鍼なら一般の人でも手軽にセルフケアできちゃいます♪
 
なかでも、とくにおすすめしたいのが『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』
 
https://media.hariri.jp/no0104/
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです!
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。
 
「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!
 

『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を使って簡単にほうれい線をケアしよう♪

あなたにおすすめ美容術