小顔

【解説】下膨れの正体は脂肪とむくみ!? 〜原因と特徴まとめ〜

「ひょうたん」のような形の輪郭、いわゆる「下膨れ顔」をコンプレックスに感じている方は多いはず。頬のあたりからあごにかけての顔の横幅が広い下膨れ顔は太って見えるだけでなく、垢抜けない印象を与えます。
 
小顔を目指す方にとっては大敵となる下膨れ顔ですが、どうして顔の下半分だけが大きくなってしまうのでしょうか?
 
当記事ではそんな下膨れ顔の原因とご紹介します。下膨れ顔にお悩みの方は、「生まれつきだから……」と諦めず、今一度原因と対策方法を確認しましょう!
 
 

下膨れとはどんな顔?

 
フェイスラインを気にする女性
 
下膨れ顔とは額から目元にかけての顔の横幅に比べ、頬からあごにかけての横幅が広くなるタイプの輪郭を指します。前述のとおり「ひょうたん」にたとえられる場合も。
 
下膨れ顔をコンプレックスに感じている方は多いですが、メリットもあります。それは幼く、可愛らしい印象に見えるということ。
リスやうさぎを思い浮かべてみてください。食べ物を口に含んだときの状態がちょうど下膨れ顔に近く、下膨れ顔=小動物的なイメージを持たれる方もいます。
 
幼なげで可愛い印象を目指したい方にとっては下膨れ顔はコンプレックスにならないはずです。
 
 

下膨れ顔のデメリット

下膨れ顔のメリットは幼く可愛らしい印象を与えること。では逆に、下膨れ顔のデメリットとはどんなことになるのでしょうか?
 

1.顔が大きく太って見える

 
悩む女性
 
下膨れ顔では、額から目元にかけての顔の横幅に対し、頬からあごにかけての横幅が広くなるため、顔のサイズが大きくみられる場合があります。特に、体つきが華奢な場合は顔だけが横に広い印象に繋がりやすく、実際の体型とは関係なく太ってみられることも。
 
太っていないのに太っている印象にみられるのは悲しいですよね。
 

【1日5分】フェイスラインをすっきりさせて−5キロ痩せ見え! 〜顔ヨガ5選〜「手っ取り早く痩せ見えする方法が知りたい」という願望を持つ方は多いはず。実は、体重はそんなに変わらなくても劇的に痩せ見えさせる方法がある...

 

2.老けて見える

下膨れ顔は幼く可愛らしいタイプに見えやすい一方、30代以降は実年齢よりも老けてみられるというデメリットがあります。というのも、下膨れ顔は頬の肉が垂れ下がって見えやすく、いわゆる「ブルドック顔」になりやすいため。
 
下膨れ顔は老け見えの原因になりますので、なるべくであれば若いうちに解消したいところです。
 

【決定版】ブルドック顔はこれで改善! 〜顔のたるみを撃退する方法7選〜加齢や生活習慣によって顔がたるむと、頬が垂れ下がる「ブルドック頬」になります。ブルドック頬とはその名の通り、ブルドッグ犬のような見た目で...

 

3.無表情で野暮ったい印象になる

 
退屈そうな女性
 
美人の条件のひとつとしては表情の豊かさが挙げられますが、下膨れ顔は目から下、あごにかけてのフェイスラインが垂れ下がって見える場合があり、意識していないとどうしても無表情になりがちです。
 
無表情は相手に威圧感を与えるケースがあるほか、なんだか垢抜けず野暮ったい印象にも繋がります。
 
下膨れ顔が治ると一気に美人度が増すとされるのは、表情が変わるからかもしれませんね。
 
 

下膨れの主な原因5つ

太って見えるだけでなく、実年齢より上に見られたり、無表情で野暮ったい印象に繋がりやすい下膨れを解消するには、その原因をよく知ることが大切になります。
 
ここでは下膨れを招きやすい原因を5つご紹介します。
 

1.顔の皮下脂肪が多い

 
驚く女性
 
太っていたり、加齢によって皮下脂肪が増えると顔についている脂肪の量が多くなります。すると顔についている脂肪の分だけ、目から下〜あごにかけてのフェイスラインが垂れ下がり、下膨れ顔になりやすいのです。
 
生まれたての赤ちゃんを想像してみてください。赤ちゃんの頬っぺからあごにかけての輪郭はぽよぽよと膨らんでいるはずです。これは皮下脂肪の多さと関係があります。
 
下膨れ顔になっている場合、まずは自分が平均よりも太っていないかどうかを確認しましょう。
 

2.筋肉が衰えたことによる「たるみ」

日頃からあまり笑わなかったり、表情を変えない方の顔の筋肉=表情筋は、知らず知らずのうちに衰えています。そうでなくても、表情筋は年齢とともに衰えるものです。
 
表情筋が衰えれば、皮下脂肪の重みを支えることができなくなり、皮膚がたるんで下膨れ顔になります。
 
ちなみに、生まれたての赤ちゃんに下膨れ顔が多い理由も表情筋と関係があります。赤ちゃんは表情筋が未発達の状態で生まれてくるため、皮下脂肪を支えることが出来ず下膨れ顔になりやすいと言われているのです。
 
ブルドックように頬が垂れ下がっている場合は、表情筋の衰えが原因かもしれません。
 

3.エラ周りの筋肉(咬筋)が硬くなって張っている

 
食事イメージ
 
ストレスを感じた際などに奥歯を強く噛みしめるクセがある方は、エラ張りに関係する咬筋と広頚筋が硬くなり、外側に張っている可能性が。
咬筋と広頚筋が外に張っていれば当然下膨れ顔になります。
 
また、食事の際の噛み癖は顔の歪みに繋がるため、下膨れ顔とも大きく関係しています。例えば、普段の食事の際に右側ばかりだけで咀嚼をしている方は、右側の筋肉ばかりが発達してしまい、左側に比べて顔の横幅が広くなってしまうのです。
 
自身のクセにはなかなか気づけないものですが、これを機に噛み締めクセや噛みグセがないか気にしてみてくださいね。
 

【小顔ケア】顔が左右で違うのは歪みが原因!? 〜やめるべき生活習慣と改善方法5選〜左右でバランスの整った顔は美人の証。しかし完璧に左右対称の顔を持っている方はごくわずかで、ほとんどの方の顔は左右非対称です。 「右...

 

4.顔の巡りが悪いことによる「むくみ」

スマホの使用などで長時間にわたり下を向き続けていると、無意識のうちに奥歯を強く噛み締める傾向があるため、下顎の筋肉に影響を及ぼし下膨れ顔になりやすいとされています。
 
またデスクワークなどで長時間パソコンを使用したり、同じ姿勢でテレビの液晶を眺めていると顔のコリを引き起こすほか、肩甲骨周辺を固くします。
 
顔や肩甲骨周辺のコリはリンパの流れに悪影響を及ぼすため、体内の老廃物や余分な水分がスムーズに排出されなくなり、下膨れの原因となるむくみを発生させてしまいます。
 

5.エラ周りの骨格が大きい

 
骨格標本を持つ女性
 
人には生まれ持った骨格があり、顔のサイズはそれによって変化するところが大きいとされています。頭蓋骨全体の作りが小さい方は小顔になりやすいですし、頭頂部からあごにかけての縦幅が長い方は面長になりやすいのです。
 
下膨れ顔の場合、もともとエラ周辺の骨の作りが大きい可能性が考えられます。生まれ持った骨格を変えることは、美容整形で骨を削るなどしないかぎり不可能とされていますが、顔のサイズを変えることは出来ます
 
もし自身の下膨れ顔の原因がエラ周辺の骨格だったとしても、諦める必要はありません。
 

下膨れを改善するには顔の筋肉を鍛えてむくみをとる必要がある

 
OK(GOOD)イメージ
 
下膨れ顔から憧れのスッキリ小顔を目指すためには、顔の筋肉=表情筋を鍛えて重い皮下脂肪を支える必要があります。また、むくみが原因で下膨れ顔になっている場合はむくみケアを行うことで下膨れ顔が治るケースも。
 
仮にあなたの下膨れ顔が生まれつきの骨格によるものだったとしても、表情筋を鍛えてむくみを解消すれば、シャープなフェイスラインを目指すことが可能です。
 
表情筋を鍛えたり、むくみを解消するための方法は様々ありますが、一番簡単なのは表情豊かに生活することです。
 
無表情で過ごす時間が長ければ長いほど、表情筋が衰えてむくみやすいコンディションに陥っていしまします。日頃から笑顔でいることで、自然と表情筋が鍛えられ、むくみ知らずの小顔を手に入れましょう。
 
もちろん、表情筋を鍛えるエクササイズも有効です。以下の記事で下膨れを解消する方法を詳しく解説しています!
 

【セルフケア】顔の下膨れを撃退! 〜解消方法6選〜丸顔、面長、小顔など、顔には様々な形がありますが、「下膨れ顔」に悩む方は多いです。 下膨れ顔とは、頬周辺からあごにかけてのフェイス...

 
 

もっと簡単に顔の下膨れを改善したい人には貼る美容鍼がおすすめ♪

「小顔になりたいけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。
 
HARIRIモニター_1
 
美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。
本来は国家資格を持った鍼灸師しか施術できませんが、貼る美容鍼なら一般の人でも手軽にセルフケアできちゃいます♪
 
なかでも、とくにおすすめしたいのが『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』
 
https://media.hariri.jp/no0104/
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです!
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。
 
「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を使って簡単に小顔ケアしよう♪

あなたにおすすめ美容術