ほうれい線

【老け見え】ほうれい線のメカニズムを徹底解説 〜主な原因5選〜

 女性の顔の下半分 
老け見えの原因となる「ほうれい線」。昔よりもほうれい線が濃くなったと感じる方は早急にケアを始める必要があります。
しかし、ほうれい線ができる原因はひとつではありません。
 
当記事ではほうれい線の原因となる5つの原因について徹底解説します。
自身のほうれい線が一体どんな原因でできているのかを分析し、正しいケアを行うことがほうれい線解消への近道です。
 
 

ほうれい線とは

ほうれい線とは、鼻の脇から唇の端に伸びる線のことを言います。
ほうれい線をシワだと思っている人もいますが、厳密にはシワではなく頬との境界線です。語源は中国の面相学にある「法令紋(ほうれいもん)」からきており、美容外科などの医学専門用語では、「鼻唇溝(びしんこう)」とも呼ばれます。
  

【原因1】加齢で筋肉が衰えたことによる「たるみ」

 
ほうれい線を気にする女性
 
ほうれい線が出来てしまう最大の原因が「たるみ」です。
年齢を重ねることによって顔の筋肉である「表情筋」が衰えると、皮下脂肪が付きやすくなります。そうなると皮膚が皮下脂肪の重さに耐えることができなくなり、だんだんと垂れ下がるためにくっきりとしたほうれい線の原因となります。
 
加齢による頬のたるみによってほうれい線が濃くなっている場合、衰えた表情筋を鍛えることでほうれい線が改善するケースも。
 
また近年では、たるみの原因のひとつとして「糖化」が問題視されています。
糖化とは、食事で摂取した糖質が体内のたんぱく質と結びつき、細胞などを老化させる現象のこと。糖化はたるみのみならず、シミやシワの原因としても知られています。
 
以下のチェック項目を確認してください。当てはまるものが多ければ多いほど、あなたの身体は糖化しやすくなっており、たるみが出来やすい傾向にあります。
 

  • 砂糖が入ったジュースやお菓子が好き
  • 白米やパンなど、炭水化物をよく食べる
  • 野菜は苦手であまり食べない
  • 日焼け止め対策をしていない
  • 運動不足である

 
糖化によるたるみが引き起こすほうれい線をケアするためには、低糖質で野菜中心の食事を心がけ、適度な運動を行うことが大切です。
ほうれい線を改善するエクササイズなども効果的ですよ。

【4コマ解説】ほうれい線に効果的!?割り箸エクササイズの方法と効果とは鼻の両脇から口元にかけて八の字に刻まれるラインのことをほうれい線と言います。年齢とともに深くなるほうれい線は顔印象を老けさせる要因のひと...

  

【原因2】飲酒や運動不足などの生活習慣が引き起こす「むくみ」

 
飲酒
 
ほうれい線は一般的に40代から目立ち始めるとされていますが、10〜20代であっても生活習慣によってはほうれい線ができる場合があります。
その原因としては飲酒や運動不足などで起きる「むくみ」が挙げられます。
 
アルコールを摂取すると血中のアルコール濃度が上昇して血管が広がるため、リンパや静脈が水分の処理をしきれなくなり、体がむくみやすくなります。
特に飲酒後に睡眠を取る際、体を横にしていると顔の方へと水分が溜まってゆくため、寝起き時に顔が腫れあがる傾向にあります。そして、むくんだ頬のお肉の重さで顔全体が垂れ下がり、ほうれい線が目立つようになるのです。
 
また日頃から運動する機会のない方の筋肉はほとんど収縮運動をしなくなるため、血管から漏れた過剰な水分が手足などの末端にたまり、その結果としてむくみを引き起こします。
若くしてたるみに悩まれている場合は、むくみケアが解決の糸口となるかもしれません。
  

【原因3】スキンケアや栄養不足が引き起こす皮膚の乾燥によるシワ

 
肌の乾燥
 
肌トラブルの大敵である乾燥は、ほうれい線にも関係します。肌が乾燥すると、普段からよく動かす目元や口元などのパーツの周辺に小ジワができやすくなり、ほうれい線の原因となるのです。
乾燥小ジワが原因でほうれい線が出来ている場合は徹底的な保湿を心がけましょう。
 
また肌を乾燥させる原因のひとつとしては紫外線ケアの不足が考えられます。シミの原因として知られる紫外線ですが、実は乾燥小ジワやたるみにも影響を及ぼすのです。
 
紫外線を浴びると肌内部のバリア機能が低下し、お肌が乾燥しやすいコンディションに。表皮が乾燥すると皮膚表面には小ジワが発生し、肌内部の真皮にまで到達する長波長紫外線UV-Aは、コラーゲンやエラスチンを破壊してたるみを作ってしまいます。
紫外線は一年を通じて地上に降り注ぐもの。お出かけの際には必ず日焼け止めやUVカット下地を塗って、ほうれい線の原因となる乾燥を防ぎましょう。
 
また過度なダイエットや食事制限などで栄養不足に陥ると肌代謝の周期であるターンオーバーが乱れ、お肌が乾燥してしまう場合があります。
栄養不足によってほうれい線が目立つ場合は、バランスの良い食事を心がけましょう。

【セルフケア】ほうれい線は乾燥で悪化するの!? 〜対策方法6選〜小鼻の両脇から口元にかけて走る「ほうれい線」は、そこに存在するだけで実年齢より5〜10歳も老けて見られる原因です。どんなにメイクが上手く...

  

【原因4】寝相や噛み癖が原因となる顔の歪み

 
横向きで寝る女性
 
意外なところでは、普段の寝相がほうれい線に影響している場合があります。
就寝時に横向きで寝る習慣がある方は顔が歪みやすいためほうれい線も出来やすく、例えばいつも右向きで眠るという方は右頬のほうれい線が濃くなる傾向があります。
 
理想の寝相は仰向けです。心あたりがある方は今日から寝相を変えてみましょう。
 
また食事の際の噛み癖は顔の歪みに繋がるため、ほうれい線にも大きく関係しています。
いつも無意識的に右側ばかりだけで咀嚼をしている方は、右側の筋肉ばかりが肥大化するため、左側に比べてほうれい線の存在感も濃くなります。
 
食事を摂る際は左右交互に噛むようにしましょう。

【解決法は1つ】寝起きのほうれい線の原因は寝る姿勢にあった!?30歳を過ぎた頃から「寝起きのほうれい線がどうしても気になる」というお悩みを持つ方が増え始めます。日中や夜間には全く目立たないほうれい線...
ほうれい線が片側だけできる原因は噛みグセにあった!? 〜簡単ケア3選〜「ほうれい線が片側にだけできてしまう」というお悩みを持つ方は意外にも多いもの。実は、片側にだけできるほうれい線の原因は噛みグセの習慣によ...

  

【原因5】生まれつきの骨格によるもの

 
頬を触る女性
 
ほうれい線は40代から目立ち始めるとされていますが、生まれつきほうれい線が濃いという方もいらっしゃいます。それはもともとの骨格が影響しており、例えば丸顔や卵型の顔、顎が細い輪郭はほうれい線ができやすい傾向にあります。 

その他にも頬骨が盛り上がっていたり、口周辺の骨である上顎骨が出っ張っている骨格の場合、生まれつきほうれい線が出来やすいとされています。
生まれつきの骨格からほうれい線が出来やすい方は、日頃から表情筋を鍛えたり、乾燥対策を行ったり、むくみケアをしてほうれい線を予防・解消しましょう。

頬骨が高いとほうれい線が目立ちやすいってホント!? 〜原因と改善方法3選〜  年齢とともに目立ちはじめるといわれるほうれい線。 エイジングサインのひとつであるほうれい線が、40代を越えるとくっきりと濃くな...

  

自分のほうれい線の原因を理解することがほうれい線ケアの第一歩

当記事ではほうれい線の原因となる5つの要素をご紹介しました。
 
気になるほうれい線に対してはやみくもにケアを行うのではなく、まずは自身のほうれい線が「たるみ」によって出来ているのか、「むくみ」がために出来ているのか、「乾燥小ジワ」によって引き起こされているのか、「顔の歪み」によって生じているのかを見極め、それぞれの原因にあった対策をとることが重要です。
  

お手軽にほうれい線ケアをしたい人には貼る美容鍼がおすすめ♪

「ほうれい線は消したいけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。
 
HARIRIモニター_1
 
美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。肌にハリが出るので、ほうれい線対策もバッチリ!
本来は国家資格を持った鍼灸師しか施術できませんが、貼る美容鍼なら一般の人でも手軽にセルフケアできちゃいます♪
 
なかでも、とくにおすすめしたいのが『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』
 
https://media.hariri.jp/no0104/
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです!
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。
 
「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!
 

『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を使って簡単にほうれい線をケアしよう♪

あなたにおすすめ美容術