ほうれい線

【4コマ解説】ほうれい線をペットボトルで撃退する方法

年々濃くなるほうれい線のライン。
一般的にほうれい線は40代頃から気になりはじめるといわれていますが、生活習慣によっては10〜20代の方であってもほうれい線がくっきりとあらわててしまいます。
 
小鼻の両脇から口元にかけて伸びるほうれい線は、そこにあるだけで実年齢よりも5〜10歳老けて見える原因に・・・。
 
当記事ではそんなほうれい線を、空になったペットボトルを使って撃退する方法をご紹介します。捨てるつもりだったペットボトル、ほうれい線を消すためにとっておいてくださいね。
 
 

ペットボトルを使うエクササイズは表情筋を鍛えるのに効果的♪

ほうれい線は、表情筋が衰えることで皮下脂肪の重みに皮膚が耐えられなくなり、頬にたるみが出来ることで目立つもの。つまり、ほうれい線を撃退するためには表情筋を鍛える必要があります
 
顔にはおよそ60もの表情筋が存在していますが、わたしたちが日常的に使っている日本語は表情筋をほとんど動かさずに発声することができる言語です。そのため、毎日意識的に動かさなければ、表情筋は衰えてゆく一方。
 
では一体どのようにしてほうれい線を鍛えることが出来るのでしょうか。
表情筋を刺激するためのエクササイズは沢山ありますが、おすすめは空のペットボトルを使って表情筋を鍛える方法。ペットボトルを使ったほうれい線を消すためのエクササイズは、簡単かつ即効性があるとしてSNSを中心に人気を集めているのです。
 


 
 

表情筋の中でも重要なのは「口輪筋」

 
口輪筋
 
表情筋トレーニングを行ううえでもっとも重要な部位が「口輪筋」と呼ばれる口周辺の筋肉です。例えばマスクをしていると気にならないのに、マスクを外した途端に老けて見えるという方は口元から老化が始まっている証拠。口元の老化は顔全体の印象を大きく左右する重要なポイントなのです。
 
アンチエイジングのために表情筋を鍛える際は口輪筋のトレーニングを重視することで、より効率よく若見えを実現することが出来ますよ。
 

【1日5分】口周りのシワは老け見えの原因!? 改善方法を徹底解説マスクをしていると気にならないのに、外したとたんにグッと老け込んで見えるという方は口周りの老化が始まっているかもしれません。口周辺が老け...

 
 

口輪筋を鍛える!ペットボトルを使ったほうれい線エクササイズ

フェイシャルフィットネス機器を新たに購入しなくても、ゴミになる予定だったペットボトルを使ってほうれい線がケアできるなんて嬉しいですよね。
 
ここからはいよいよペットボトルを使ってほうれい線を薄くするエクササイズをご紹介します。
 

1.ペットボトル吸引エクササイズ

まず最初にご紹介するのは、空ペットボトルを使って息を吸ったり吐いたりするエクササイズです。頬の筋肉を使うことで表情筋を刺激し、ほうれい線の原因となるたるみをケアします。
 
ペットボトル エクササイズ1-1
 
まず2リットルのペットボトルを用意します。中身は空にして蓋を開いておいてください。足を肩幅に開いたら、ペットボトルを持ってまっすぐ立ちます。
 
ペットボトル エクササイズ1-2
 
その状態のまま、「ほー」っと発生しながら肺の中の息を吐ききってください。このとき、頬の筋肉を内側へとへこませるのがポイントになります。
 
ペットボトル エクササイズ1-3
 
息を吐ききったら持っていたペットボトルを唇でくわえ、勢いよく息を吸い込んでください。
 
ペットボトル エクササイズ1-4-min
 
ペットボトルをくわえて息を吸い込んだら、そのままの状態で8秒間キープします。数え終わったら体中をダランと脱力し、ペットボトルに向かって息を吐き出してください。
このとき、頬の筋肉を外側へとふくらませることがポイントになります。
 
ペットボトルに息を吐いたり吸ったりするだけの簡単なエクササイズですが、正しいフォームで行えばほうれい線ケアに絶大な効果を発揮します。
1セット行ってみて頬の筋肉が痛く感じたら表情筋にアプローチできている証拠です。これを1日3回行えば、老け見えの原因となるほうれい線を薄くすることが出来ますよ。
 

2.ペットボトル持ち上げエクササイズ

続いてご紹介するのは、ペットボトルを持ち上げることで頬の表情筋を鍛えるエクササイズです。持ち上げるといっても、手を使うわけではありませんので注意が必要です。
 
ペットボトル エクササイズ2_1
 
500mlのペットボトルを用意し、あらかじめ水を100ml注いでおきます。ペットボトルのフタは閉じておきましょう。
 
ペットボトル エクササイズ2_2
 
水が入ったペットボトルのフタの部分を唇でくわえたら、歯を使わずにまっすぐ持ち上げてください。
 
ペットボトル エクササイズ2_3
 
唇でペットボトルをくわえたままの姿勢で10秒間キープします。
 
ペットボトル エクササイズ2_4
 
ペットボトルをテーブルに戻し、10秒間休んだら再び唇でペットボトルのフタの部分をくわえて持ちあげ、10秒間キープします。これを3セット繰り返すとほうれい線ケアに効果を発揮します。
 
馴れてきたら唇だけで持ち上げたペットボトルを左右にブラブラ振ってみたり、360°ぐるっと回してみても良いです。水100mlが楽々クリアできたら、徐々に水の量を増やして負荷の量をあげるとより表情筋を効率よく鍛えることが出来ます
 
 

鍛えすぎには要注意!ペットボトルを使った表情筋エクササイズはやりすぎると逆効果!?

 

 
ペットボトルを使って簡単にほうれい線を消すことができる表情筋エクササイズをご紹介しましたが、一部では逆効果という口コミが。実際のところ、ペットボトルを使った表情筋エクササイズはほうれい線を悪化させてしまうなんてケースはあるのでしょうか?
 
考えられるのは、ペットボトルの負荷を重くしすぎること。
ペットボトルエクササイズによるほうれい線ケア効果を早く得ようとするあまり、口輪筋に大きな負荷をかけたり毎日の実施回数を大幅に増やすと、急激に皮下脂肪が減少してしまい、残された頬の皮膚が垂れ下がってしまいます。
 
垂れ下がった皮膚はほうれい線やシワの原因となるため、ペットボトルエクササイズがまるで逆効果になるのです。
適度な負荷と実施回数を守ってさえいれば、ペットボトルエクササイズでほうれい線が悪化することはほとんど考えられません。
しかし、人によっては相性が悪く、ペットボトルエクササイズを行うことで一時的にほうれい線のシワが目立つという場合もありますので、必ず様子を見ながら行ってくださいね
 
 

ペットボトルエクササイズのリスクが気になる方には美容鍼がオススメ!

「ほうれい線は消したいけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。
 
HARIRIモニター_1
 
美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。肌にハリが出るので、ほうれい線対策もバッチリ!
本来は国家資格を持った鍼灸師しか施術できませんが、貼る美容鍼なら一般の人でも手軽にセルフケアできちゃいます♪
 
なかでも、とくにおすすめしたいのが『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』
 
https://media.hariri.jp/no0104/
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです!
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。
 
「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!
 

『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を使って簡単にほうれい線をケアしよう♪

あなたにおすすめ美容術