表情筋

【5分でわかる】表情筋を鍛える効果は!?メリットと表情筋の種類を徹底解説

キュッと引き締まった小顔やいつまでも若々しい印象の美顔を手に入れるためには「表情筋」を鍛えることが重要と言われています。なぜ表情筋を鍛えると顔が小さくなったり、アンチエイジング効果を得ることが出来るのでしょうか?
 
また、表情筋には部位ごとに様々な種類が存在しているのをご存知ですか? 頬のたるみやエラ張りなど、人によってコンプレックスは様々。悩みを解消するためには、それに対応する部位の表情筋トレーニングが必要です。まぶたのたるみを解消したいのに、口元の表情筋ばかりを鍛えていても意味がないのです。
 
当記事では表情筋を鍛えるメリットやその効果を、表情筋の種類別にご紹介します。
 
 

表情筋トレーニングを行うメリット

ここでは表情筋トレーニングにどんなメリットがあるのかをご紹介します。表情筋を鍛えるメリットは大きく分けて下記の5つです。
 

1.むくみが取れて小顔効果が期待できる

 
ほうれい線 スキンケア
 
食の好みや生活習慣、体質などから顔がむくみやすい方は表情筋を鍛えることで小顔効果を得られる場合があります。むくみは体のめぐりが悪く、老廃物や余分な水分が排出されにくくなると発生するもの。むくみを放置すれば顔を大きくさせるのみならず、頬のたるみなどにも影響を及ぼします。
 
表情筋を鍛えると、筋肉がポンプの役割を果たすため全身のめぐりを促進し、リンパを改善して老廃物や余分な水分がスムーズに排出されます。日頃から顔のむくみが気になる方は表情筋を鍛えれば、むくみ改善&小顔効果という2つのメリットがあるのです。
 

2.顔の脂肪が減って顔痩せできる

表情筋を鍛えれば、顔周辺の脂肪が減少して小顔になれるメリットがあります。自身の体重が平均体重を上回っていたり、体脂肪率が高いと体のみならず顔も脂肪で太っている可能性があるのです。
 
ダイエットを行う際は有酸素運動で脂肪を燃焼させ、筋トレで基礎代謝を上げますよね。脂肪による顔太りを解消する場合も同じく、表情筋を鍛えることによって顔についた脂肪を燃焼することが出来ます。ただし、急激なダイエットで脂肪の量が大幅に減ると、余った皮膚がたるんでしまうので、やりすぎは禁物です。
 

3.目がパッチリと大きくなる

 

 
前述の通り、表情筋にはおよそ50もの種類が存在しています。なかでも目元の表情筋を鍛えればまぶたのたるみや目の下のたるみを解消し、目を大きくぱっちり見せることができます
 
目元の表情筋は年齢とともに衰える以外にも、長時間にわたるパソコンやスマホの使用でも衰えます。また多くの人はまぶたを開けるときに目元ではなくおでこの筋肉を使用しているため、目元の筋肉が使われなくなり老化の一途をたどってしまうのです。
 
目は顔の印象を大きく左右するパーツ。「最近老けてきたかも……?」と感じる方にとって表情筋を鍛えることは目元のアンチエイジング効果が得られるというメリットがあります。
 

4.たるみが引き締まり、ほうれい線が目立たなくなる

たるみやほうれい線は、顔にあるだけで実年齢よりも大幅に老けてみられやすいエイジングサイン。これらは衰えた表情筋が皮下脂肪の重みに耐えられなくなって生じるものです。
 
つまり表情筋を鍛えれば頬のたるみを引き上げる力が復活するため、ほうれい線の目立たない美顔に近づくことが出来ます。また表情筋を鍛えれば顔のめぐりが改善し、むくみ解消効果もあるため、こちらもほうれい線の予防・改善に効果的です。
 
ブルドックのような頬やクッキリと刻まれたほうれい線にお悩みの方は、表情筋を鍛えることで若見え効果を得られるというメリットがあります。
 

5.表情豊かになる

 
笑顔
 
喜怒哀楽などの様々な表情は、表情筋を動かすことによって作られるもの。ですが、わたしたちが使っている日本語は表情筋をほとんど動かさずに発声できる言語なので、多くの表情筋はいつのまにか衰えてゆく一方なのです。
 
表情筋を鍛えることでこれまで使わなかった表情筋が動くようになれば、表情が豊かになり明るく若々しい印象を手に入れることができます。また、表情が豊かになれば不思議と心の持ちようもポジティブに。
 
普段から無口だったり、あまり笑わずに過ごしている方が表情筋を鍛えれば、明るくハツラツとした雰囲気に近づけるというメリットがあります。
 
 

鍛えると小顔やアンチエイジング効果あり!代表的な表情筋の種類

ここでは約50種類もある表情筋の中でとくに重要なものを部位ごとに解説します。気になるコンプレックスに対応する表情筋を鍛えて、理想の美顔を手に入れましょう。
 

1.前頭筋(ぜんとうきん)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

レイスパ北方店(レイフィールド)さん(@ray_spa11kitagata)がシェアした投稿


 
「前頭筋」は、眉毛の上と前髪の間辺りに存在する筋肉です。前頭筋には「まぶたと眉毛を引き上げる」のと「頭頂部を引き下げる」という2つの役割があります
 
前頭筋が正常に働くことでまぶたが持ち上げられ、眉毛を自由に動かすことが出来ます。つまり前頭筋がなければまぶたや眉毛が下がったままになり、常に目をつぶった状態になってしまうのです。
 
また前頭筋が衰えるとおでこの皮膚がゆるむため、クッキリとした横ジワを作ってしまいます。高齢者のまぶたや眉毛が下がっているのは、年齢とともに前頭筋が衰えているため。また前頭筋が衰えてるとおでこに横ジワが入ることも。
 
まぶたのたるみや下がり眉、おでこにクッキリと刻まれた横ジワにお悩みの方は、前頭筋を鍛えることでコンプレックスを解消できる可能性があります。
 

【1日5分】おでこ(額)のシワ取りに効果大! 〜簡単ケア5選〜横に伸びるおでこのシワは、その他の部位にあらわれるシワに比べて深いため、コンプレックスに感じていらっしゃる方も多いです。おでこにシワが寄...

 

2.眼輪筋(がんりんきん)

「眼輪筋」とは、左右それぞれの眼球をゴーグルのように囲んでいる筋肉です。眼輪筋が衰えるとまぶたがたるみ、目を小さく見せたり目の下にクマを作ったり、目尻にシワを生じさせるなど、実年齢よりも老けてみられる原因となります。
 
眼輪筋が衰える理由には加齢のほか、長時間にわたってスマホやパソコンを使用することなどでまばたきの回数が減ることが挙げられます。まばたきが減ればそれだけ眼輪筋を動かす回数も減り、ドライアイなどの眼精疲労までも引き起こします。
 
また多くの人はまばたきをする際に眼輪筋を使わず、おでこの筋肉を使っています。おでこの筋肉ばかり使っているとおでこにシワができやすくなり、眼輪筋が衰えるため目元の老化を加速させます。思い当たる方は眼輪筋を鍛えることで若々しい印象に近づけるかもしれません。
 

【イラスト解説】見た目がー5歳若返る!?〜眼輪筋トレーニング5選〜目元の筋肉=「眼輪筋」とは、左右それぞれの眼球をドーナツ状に囲んでいる筋肉です。眼輪筋が衰えると、まぶたがたるむため、目がもともとのサイ...

 

3.頬筋(きょうきん)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sayoko Yuzawaさん(@aromasalon_mavie)がシェアした投稿


 
「頬筋」とは、上下のあご関節から口角にかけて伸びている筋肉のこと。口角を上げる働きがあるため、頬筋が衰えると口角が下がってしまいます。口角が下がると老けてみられやすいほか、なんだか怒っているような冷たい印象を与えることに。
 
試しに、鏡を見ながら「せ」と発音してみてください。口に出してみたとき、頬の最も高い部分が上に引き上げられたらOK。もし引き上がらなかったら、あなたの頬筋は衰えているということになります。頬筋が衰えると頬がたるみ、ほうれい線を作る原因となります。
 
笑っても口角が上がらなかったり、ほうれい線が濃くなってきたという方は、頬筋を鍛えるように意識することでアンチエイジングに繋がります。
 

【老け見え原因NO.1】マリオネットラインを改善! 〜顔ヨガ3選〜エイジングサインとして有名なのはシミ、シワ、ほうれい線などが挙げられますが、なかでも「マリオネットライン」は実年齢よりも5〜10歳老けて...

 

4.口輪筋(こうりんきん)

「口輪筋」は、唇の周辺についている筋肉で、主に口元の表情を作り出す役割を持っています。口輪筋が衰えれば口元にたるみやシワを作って老け見えの原因に。
 
わたしたちが日常的に使っている日本語はほとんど口輪筋を動かしません。また、日本には口を大きく開けて話したり笑ったりすることを下品とする文化があるため、日頃から口輪筋を意識的に動かしていないと筋肉の衰えるスピードは加速します。
 
口輪筋が衰えれば唇のハリが失われ、どんどん薄くなり「への字」の形になってしまいます。すると、本人の意志とは関係なく怒っているような印象にみられがちに。
幸薄そうな、不機嫌そうな唇になっている場合は、口輪筋を鍛えることで幸せそうでご機嫌そうな口元を目指しましょう。
 

【1日5分】口周りのシワは老け見えの原因!? 改善方法を徹底解説マスクをしていると気にならないのに、外したとたんにグッと老け込んで見えるという方は口周りの老化が始まっているかもしれません。口周辺が老け...

 

5.オトガイ筋

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

やわらぎ整骨院 折尾院さん(@yawaragiseikothuin_orio)がシェアした投稿


 
食べ過ぎたり、太ったりするとあご下のタプタプが気になるという方は、「オトガイ筋」が衰えているかもしれません。実はあごはお腹や腰周辺と同じくらい太りやすい部分なのです。
 
オトガイ筋(頤筋)とは、下唇のすぐ下の凹み周辺からあご先まで伸びる筋肉のこと。下顎を押し上げ、あごのラインを引き締める働きがあるため、衰えると二重あごの原因となります。加齢や肥満で二重あごが気になるという方は、オトガイ筋を鍛えることがおすすめです。
 
逆に、オトガイ筋の使いすぎであご周辺を常に緊張させ続けると、あご周辺にいわゆる梅干しジワを作ってしまいます。あご下に円形のシワが出来ている方は、オトガイ筋の使い方を見直す必要があります。
 

【イラスト解説】舌回しはほうれい線に効くってホント!? 〜オススメ体操2選〜ほうれい線は年々深くなります。小鼻の両脇から口元にかけて伸びるラインは、実年齢よりも5〜10歳ほど老けてみせる厄介なもの。 最近では生...

 
 

噛みごたえのある食品を食べるだけでも効果あり!

ビーフジャーキーやスルメなど、噛みごたえのある食品を食べるだけでも表情筋を鍛えることが可能です。硬い食品や食材を咀嚼する際には奥歯を動かすことになるため、表情筋が鍛えられ引き締まったフェイスラインを目指すことが出来ます
 
ビーフジャーキーやスルメには良質なタンパク質のほか、筋肉づくりに欠かせない栄養素が豊富に含まれているため、コラーゲンの生成をサポートし美肌効果も期待できます。
 
またいずれも低カロリーなためダイエット中の間食としてもおすすめ。左右で30回ずつ噛んで表情筋を鍛え、すっきり引き締まった小顔を手に入れましょう
 

【原因別】小顔は食べ物で作れる!? 〜顔を引き締める食べ物8選〜顔が小さい人は「小顔に効く食事」を心がけているということをご存知でしょうか?普段何気なく摂っている食事にも小顔になるためのポイントがいく...

 
 

表情筋は鍛えすぎると逆効果になる!?

表情筋を鍛えるメリットはおわかりいただけたかと思いますが、ひとつ気をつけなければいけないことがあります。それは“表情筋を鍛えすぎると逆効果になる”ということ。
 
表情筋を鍛えすぎると、脂肪が急激に減って皮フが余ってしまいシワが悪化したり、たるみが目立つようになったりといったことが起きるリスクがあります。せっかく表情筋を鍛えても、マイナスに働いてしまったら悲しすぎますよね。
 
何事もほどほどが肝心。表情筋トレーニングは決められた回数や時間を守るようにしましょう。

【検証】顔ヨガは逆効果ってホント!?美顔をゲットできる正しいやり方3選テレビやファッション誌、書籍などで話題の「顔ヨガ」。普段なかなか動かさない顔の筋肉=表情筋のエクササイズを行うことで、顔の印象を若々しく...

 
 

簡単に表情筋を鍛えたいなら貼る美容鍼がおすすめ♪

「表情筋は鍛えたいけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。
 
HARIRIモニター_1
 
美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。筋肉を刺激する効果もあるので、表情筋対策もバッチリ!
本来は国家資格を持った鍼灸師しか施術できませんが、貼る美容鍼なら一般の人でも手軽にセルフケアできちゃいます♪
 
なかでも、とくにおすすめしたいのが『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』
 
https://media.hariri.jp/no0104/
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです!
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。
 
「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を使って簡単に表情筋のケアしよう♪

あなたにおすすめ美容術
表情筋

【決定版】表情筋を鍛えて美顔を手に入れる!〜表情筋の種類やエクササイズを徹底解説〜

2019年6月20日
キレイな女の教科書~BiBible~
美容雑誌などで小顔ケアの特集などを読んでいるとよく出てくるワードのひとつに「表情筋」があります。表情筋は、顔にある筋肉の種類のひとつで、私た …