顔ヨガ

【決定版】顔ヨガの効果がスゴイ! 〜美顔になれる部位別ポーズ10選〜

毎日繰り返し行うことで小顔効果を得ることが出来るという「顔ヨガ」をご存知でしょうか?
 
テレビや雑誌で取りあげられ注目を集めている顔ヨガは、普段なかなか動かさない顔の筋肉=表情筋を刺激することで引き締まったフェイスラインを目指したり、リフトアップ効果を期待できるエクササイズのことです。
 
顔ヨガは即効性のある小顔エクササイズとしても知られ、その効果は美容整形並みとも言われています顔ヨガを実践されている方のブログを見ると、1年前と現在のビフォーアフター写真が別人のように変わっているほどなのです
 
小顔を目指して美容外科に通うことを検討されている方は、お金がかからず失敗のリスクも少ない顔ヨガからはじめてはいかがでしょうか?当記事では数ある顔ヨガのなかから、口コミでも人気の10ポーズを画像つきで部位ごとにご紹介します。
 
 

顔ヨガに期待できる効果5つ

顔にはおよそ60種類ものの表情筋があります。
 
喜怒哀楽などの様々な表情は表情筋を動かすことによって作られます。しかし、わたしたちが日常的に使う日本語は表情筋をほとんど動かさずとも発声できる言語であるため、意識的に表情筋を動かさなければ知らず知らずのうちに衰えていってしまいます。
 
ここではそんな表情筋を鍛える顔ヨガで得られる5つの美顔効果をご紹介。美容整形と同等かそれ以上の成果が得られると噂の顔ヨガですが、具体的にはどんな効果が得られるのでしょうか?
 

1.顔のたるみ解消に効果あり!

 

 
顔の筋肉=表情筋が衰えると皮膚が皮下脂肪の重みに耐えられなくなり、顔のあちこちにたるみを生じさせます。目の下や頬がたるんでいると、実年齢よりも老けて見られる原因に・・・。
 
顔ヨガでは普段はなかなか動かさない表情筋を意識的に動かすため、顔全体をリフトアップし、老け見えのもととなるたるみを解消することが可能です。
 

2.むくみを改善してほうれい線をケア!

顔ヨガで表情筋を鍛えれば皮下脂肪が減少するため、鼻の両脇から口元にかけて伸びるほうれい線を薄くすることが出来ます。また、表情筋を刺激すると内側に溜まった老廃物や余分な水分が排出されやすくなり、むくみが解消されてほうれい線の悪化を予防することも可能です。
 
さらに顔のむくみがなくなると、目の下のクマやくすみなどの肌トラブルのケアにも繋がり、一石二鳥の効果を得ることが出来ますよ。
 

3.見違えるほどの小顔効果!

 

 
顔ヨガで表情筋を鍛えるとフェイスラインが引き締まるため、頬から顎にかけてのフェイスラインがリフトアップし、二重あごの予防・改善にも繋がります。「顔ヨガで小顔になる」と言われるのはこのためです。
 
フェイスラインのもたつきがなくなればスッキリ痩せてみえますし、若々しい印象をもたらします。フェイスラインのリフトアップは美容整形でも人気の施術ですが、小顔矯正ならお金がかからず、失敗のリスクもほとんどありません。
 

4.シワのないみずみずしいお肌に!

表情筋を刺激することでお肌の弾力がアップし、老け見えの一因であるシワをケアすることが可能です
さらに顔ヨガには表情筋をコントロールしてシワを作りやすい表情のクセを解消する効果もあるため、実際に、「顔ヨガを続けていたらシワが目立たなくなった」という口コミも多数見かけます。
 
また代謝が改善するためお肌のターンオーバーが促進され、乾燥肌や吹き出物などの肌トラブルが解消したというケースも!
 

5.目元すっきり!デカ目効果

目を開くとき、多くの人は眼輪筋を使わずおでこや頬の筋肉を使ってまぶたを動かしています。すると目の周りにある眼輪筋が衰えてしまい、目元のたるみの原因となります。
 
「最近まぶたがたるんで目が小さくなった?」と感じる方は眼輪筋が衰えているかもしれません。顔ヨガによって眼輪筋を鍛えれば、スッキリとした目元を手に入れることができるのです。
 
目の開き具合も改善するため、以前よりも大きく目が開くようになりデカ目効果を実感することが出来ます。
 
 

【部位別】基本の顔ヨガポーズ10選

それでは、いよいよ顔ヨガの基本となる10個のポーズをご紹介します。毎日全ての顔ヨガを行うことが難しくても、気になる部位に対応する顔ヨガをメインに複数行えば、1週間で効果を実感できるはず。
 
セルフケアで整形級の変身を遂げ、理想の美顔へと近づきましょう!
 

フェイスラインをすっきりさせる顔ヨガポーズ

ここではフェイスラインのリフトアップを目指す顔ヨガポーズを2種類ご紹介します。
 

1.あんグリグリのポーズ

 
顔ヨガあんグリグリ
 
「あんグリグリ」のポーズは疲れ顔をリラックスに導く顔ヨガです。
 
デスクワークなどで一日中パソコンを使用していると知らず知らずのうちに奥歯を強く噛み締めてしまい、顔がこるだけでなく下顎の筋肉が発達していわゆる下膨れ顔になりやすく、あんグリグリはそうした顔の緊張をゆるめることができます。
 
入浴時や睡眠前に行うことがおすすめです。
 
【顔コリを解してリラックス!あんグリグリのやり方】

  1. 口を開けて下顎をだらんとリラックスさせ、目の力を抜きます。
  2. 両手でグーを作ったら、左右の顎周辺を10秒かけてグリグリとほぐしてください。

 

2.三角の舌のポーズ

 
顔ヨガ(三角の舌)
 
「三角の舌」のポーズは首元の筋肉を刺激することで、二重あごや首・デコルテのシワをケアする顔ヨガです。春夏など首元の空いた服を服を着こなすためには三角の舌のポーズを行いましょう。1日のうち、気づいたタイミングで数回行うと効果的です。
 
このポーズで舌を突き出すと胃が活性化されるため代謝のアップにも繋がります。暴飲暴食のあとにもおすすめの顔ヨガです。
 
【二重あごや首元のシワに!三角の舌のポーズのやり方】

  1. 舌を根本から前方へと伸ばし、舌先を尖らせるようにします。
  2. 頭を後ろに倒し、首と喉を伸ばした状態で舌を伸ばしたまま10秒間キープします。このとき舌の裏側が三角形になっていることを意識してください。

 

ほうれい線を薄くする顔ヨガポーズ

続いては、老け見えの原因となるほうれい線を薄くする顔ヨガをご紹介します。たるんだ頬を引き締め、若々しい印象を手に入れましょう。
 

3.おいしい顔のポーズ

 
顔ヨガ(おいしい顔)
 
「おいしい顔」のポーズは口角がきゅっとあがった形を口の筋肉に記憶させる顔ヨガです。舌を使っているので内側からも表情筋を鍛えることが出来ます。
 
【きゅっとあがった口角を作る!おいしい顔のポーズ】

  1. 上の歯をみせるように口角を上げて笑顔を作り、目線をやや上に向けます。
  2. 尖らせた舌先を小鼻を舐めるように左側の口角から出します。
  3. そのままの状態で舌を左→右へ、3〜5往復分スライドさせてください。

 

4.フグの顔のポーズ

 
顔ヨガ(フグの顔)
 
「フグの顔」のポーズは、ほうれい線改善のための顔ヨガのなかではもっともオーソドックスなエクササイズです。口をゆすぐような動作なので、出先でも気軽に行うことが出来ます。
 
【ほうれい線に効果大!フグの顔のポーズのやり方】

  1. 口の中に空気をたくさん含みます。
  2. 口の中の空気を右頬に移動させたらそのまま5〜10秒間キープしてください。
  3. 続いて左頬に空気を移動させたら、こちらでも5〜10秒間キープします。
  4. この動作を1日5 〜10回程度繰り返すと効果的です。

 

目元をパッチリさせる顔ヨガポーズ

ここからは眼輪筋を鍛えることでたるみがちな目元をパッチリに導く顔ヨガをご紹介します。目力があるとイキイキとした印象に繋がりますよ。
 

5.デカ目プッシュのポーズ

 
顔ヨガ(デカ目プッシュ)
 
「デカ目プッシュ」のポーズは疲れ目と目力アップに効果を発揮する顔ヨガです。
日頃からパソコンやスマートフォンを酷使している場合、かすみ目や充血などの疲れ目症状に悩まされる方が多いため、仕事の合間や帰宅時におこなうことがおすすめです。
 
【疲れ目解消&目力アップ!デカ目プッシュのやり方】

  1. 眼球を外に押し出すようなイメージで、目を大きく開きます。
  2. 眼球を頭蓋骨の方へ引き込むようなイメージで目を強く閉じます
  3. 3秒ずつを3回行い、鼻で深呼吸をしてください。

 
 

6.おっはーのポーズ

 
顔ヨガ(おっは〜)
 
「おっはー」のポーズは眼輪筋を伸ばすことで衰えた筋肉に弾力が戻り、目の下のたるみをあげたり頬のリフトアップやほうれい線の解消に効果をもたらす顔ヨガです。
 
【頬のリフトアップ&ほうれい線撃退!おっは〜のポーズのやり方】

  1. 「お〜」と声を出しながら、鼻の下を伸ばして唇をつんとすぼめます。
  2. 「は〜」と口に出しながら、唇を口の中へと巻き込み、頬を持ちあげます。
  3. 「おっは〜」、「おっは〜」と声に出しながらこれを3〜4回繰り返してください。

 

おでこのシワをすっきりさせる顔ヨガポーズ

年齢とともに気になりだすのが、おでこに入った縦ジワです。
ここではそんなおでこのシワを解消するための顔ヨガポーズをご紹介します。
 

7.おでこロックのポーズ

 
眼輪筋を鍛える小顔ヨガ_2
 
多くの人は目を開く際、目の周りの眼輪筋をほとんど使わず、おでこや頬の筋肉を使っています。そのため、おでこや頬にはシワが入りやすく、目の周辺がたるみがち。
 
眼輪筋を鍛えるポーズは「おでこロック」のポーズともいいます。表情筋のバランスが整い、おでこのシワやまぶたのたるみを解消することが出来ますよ。
 
【眼輪筋を鍛える小顔ヨガのやり方その①】

  1. おでこにシワが寄らないように、両手で覆うようにしてしっかり抑えます。
  2. 手を少し外側に引きながら、目の周囲の筋肉=眼輪筋の力だけを使い、眼球を押し出すようなイメージで目を大きく開いてください。
  3. これを5〜10回行うと効果的です。

 
おでこロック2
 
先程の顔ヨガに続けてやっていただきたいのが眼輪筋を鍛える小顔ヨガ②です。
 
こちらもおでこのシワや目の下のたるみをケアする重要な顔ヨガになります。
①と②を続けて実践することでより効果を発揮します。
 
【眼輪筋を鍛える小顔ヨガのやり方その②】

  1. おでこにシワが寄らないように、両手で覆うようにしてしっかり抑えます。
  2. 手をやや外側に引きながら眼輪筋をだけを使って5秒間目を細めます。
  3. 眼輪筋をだけを使って目を大きく見開き、5秒間キープします。
  4. この動作を3回繰り返すと効果的です。

 
 

8.目ワイパーのポーズ

 
目ワイパー
 
目ワイパー2
 
「目ワイパー」のポーズは日常生活にはない動作を行うことで眼球をストレッチし、コリ固まっている眼輪筋を刺激する顔ヨガです。顔のめぐりを改善し、たるんだまぶたを引き締めます。
 
リラックス効果もあるため、デスクワークの休憩中などに行えば疲れ目をケアすることも出来ます。
 
【たるんだまぶたを引き締める!目ワイパーのポーズのやり方】

  1. まず顔をまっすぐ正面に向けます。眉をあげず、両目をしっかりと開いてください。
  2. そのままの状態で目線をゆっくり右へと向けます。このときまぶたはきちんと開き、視線が下がらないように注意してください。
  3. できるかぎり遠くを眺めるように、目線をゆっくり上へと向けます。目だけで天井を見るようにしてください。
  4. 目線を遠くに向けたま左へと移動します。まぶたをきちんと開いたまま、視線は下げないように。
  5. この動作を3往復したら、最後に目を閉じて一呼吸しましょう。

 

肌のトーンを明るくする顔ヨガポーズ

顔ヨガで表情筋を刺激すると顔のめぐりが改善するため、くすみがちな肌色が明るくなります。ここでは化粧前や顔色が悪くなりがちな夕方頃におすすめな顔ヨガをご紹介します。
 

9.ライオンの顔のポーズ

 
顔ヨガ(ライオンの顔)
 
「ライオンの顔」のポーズは舌を出して息を吐き切る動作で内臓を刺激するため、むくみ解消やデトックス、リラックス効果を期待することが出来ます。
 
日頃からストレスを感じやすいにおすすめの顔ヨガです。
 
【むくみ解消&デトックスに!ライオンの顔のポーズのやり方】

  1. 鼻から息を大きく吸ったら、舌を下に向けて出しつつ口から息を吐いてください。このとき、溜まったストレスを開放するつもりで「わぁ~」と声に出してみても良いです。
  2. 息を吐き切ったら舌を戻し、深呼吸します。スッキリするまでこの動作を3~5回程度行ってください。

 

10.あっかんべーのポーズ

 

 
「あっかんべー」のポーズは、根元から舌を思い切り伸ばすことで内臓を刺激し、デトックス効果やむくみ撃退に繋がる顔ヨガです。
肌をキレイにしたい、二日酔いを軽くしたいタイミングで行うと良いでしょう。
 
【美肌と二日酔いに!あっかんべーのポーズのやり方】

  1. 顔は正面に向けたまま、目線だけを天井へあげます。
  2. 舌を下に向けて長く出しながら口から息を吐きます。息を吐ききったら舌を戻して、今度は鼻から息を吸ってください。
  3. この動作を3~5回ほど繰り返すと効果的です。

 
 

表情筋を鍛えるとこんなに変わる!顔ヨガのビフォーアフター

当記事では無数にある顔ヨガのなかから厳選した10個ポーズを部位別にご紹介しました。毎日続けることで整形級の美顔効果が得られるという顔ヨガですが、実際に取り組まれた方はその効果を実感されているのか、気になりますよね。
 
顔ヨガ体験者の口コミを見てみると、次のような体験談が聞かれました。
 


 
実際に顔ヨガを行った方からは、
 
・簡単だったのでどんな小顔ケアよりも続けやすかった
・やればやるだけ効果を感じることが出来た
・整形をしなくてもフェイスラインが変わった
 
などの嬉しい報告があがっています。小顔を目指している方は今日から顔ヨガをはじめてはいかがでしょうか。
 
 

顔ヨガは正しい方法で行わないと逆効果になる可能性があるので注意!

毎日正しい方法で実践すれば、約1週間でフェイスラインが引き締まり、リフトアップ効果を期待することができるとされる顔ヨガ。
 
ただし、実施方法を間違っていればその効果は半減。それどころか、逆効果になる場合もあるのです。整形並みと呼ばれる顔ヨガの効果を実感するためには、あらかじめいくつかのポイントを抑えておく必要があります。
 
まず顔ヨガ初心者の場合、自分ではちゃんと行えているつもりでも、実際は正しくポーズが取れていなかったという場合が多いです。顔ヨガに取り組む際は、必ず鏡の前にまっすぐ立ち、お手本と見比べて正しいポーズが取れているかどうかを逐一確認しましょう。
 
また、決められた秒数を短縮するのもNGです。「3秒間キープ」と指定があるポーズであれば必ず3秒間キープしましょう。
 
なお、顔ヨガを行うおすすめのタイミングは朝晩の1日2回とされています。夜はお風呂上がりなど、体全体が温まってめぐりが良くなっているときに顔ヨガを行うことがおすすめ。入浴中に顔ヨガを行うことも効果的ですよ。

【検証】顔ヨガは逆効果ってホント!?美顔をゲットできる正しいやり方3選テレビやファッション誌、書籍などで話題の「顔ヨガ」。普段なかなか動かさない顔の筋肉=表情筋のエクササイズを行うことで、顔の印象を若々しく...

 
 

「顔ヨガは大変そう」という人には貼るだけで美顔が手に入る美容鍼がオススメ♪

「顔ヨガは効果ありそうだけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。
 
HARIRIモニター_1
 
美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。本来は国家資格を持った鍼灸師しか施術できませんが、貼る美容鍼なら一般の人でも手軽にセルフケアできちゃいます♪
 
なかでも、とくにおすすめしたいのが『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』
 
https://media.hariri.jp/no0104/
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです!
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。
 
「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!
 
『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を使って簡単に綺麗を手に入れよう♪

あなたにおすすめ美容術