未分類

【小顔】おすすめ小顔ローラー10選~転がして顔スッキリ~

「顔のたるみ改善」「理想のフェイスライン」に近づけると期待されているアイテムが「小顔ローラー」。コロコロと転がすだけで顔のマッサージができることから、女性・男性と多くの方に使用されています。小顔ローラーは、各社からさまざまな形状や素材の商品が販売されています。小顔ローラーを試してみたいと思っている方の中には、商品の選び方に困っている方もいると思います。
今回は、小顔ローラーの選び方について特集しました。この記事を読むことによって、あなたに最適な小顔ローラーが見つかるはず。
記事の最後には、小顔ローラーの使用方法、注意点なども載せていますので、ぜひ最後までごらんください。

小顔ローラーの効果

1.表情筋の活性化

小顔ローラーは顔の筋肉に刺激を加え、たるみやフェイスラインを改善させる効果があると言われています。表情の筋肉は、他の部位と比べて小さい筋肉なので、刺激を与えると肌の引き上げに期待できます。顔をスッキリさせたい方は、小顔ローラーで顔の筋肉に刺激を与えましょう。

2.身体の巡りを良くする

小顔ローラーを転がすと、固くなった筋肉を刺激し、身体の巡りが良くなります。顔を定期的にマッサージすることで、むくみ・たるみの原因である筋肉の緊張をほぐすことができます。

3.肌の弾力を取り戻す

肌は、循環が悪くなると弾力・ハリを与える細胞の力が衰えてしまいます。小顔ローラーで顔を刺激することで、肌に栄養を届ける細胞を活性化させ、ハリ・弾力を維持させることができます。

小顔ローラーの選び方

1.手動タイプか電動タイプ

手動タイプは電動タイプと比べ、お求めやすい価格が特徴です。自分で力加減を調整することができるため、肌の調子に合わせてマッサージすることができます。「ちょっと使ってみたい」という方は、手動タイプがオススメ。電動タイプは、微弱電流や低周波などの機能を備えており、肌の状態を良くすることが特徴。価格は手動タイプと比べ高めですが、肌の手入れを効率よく行いたい方は電動タイプがおすすめです。

2.小顔ローラーの形状で選ぶ

身体の巡りを良くしたい場合はY型

Y型は、肌にフィットしやすいのが特徴。両側から挟むように肌に圧力をかけることができるため、身体の巡りを良くすることに適しています。顔だけでなく、首・足などの部位に使用することもできるため、使い勝手がいい形状です。初めて使用される方は、Y型のローラーをおすすめします。

部分的に刺激したい場合は棒型

棒型のローラーは、額やほうれい線などパーツ部分のマッサージを行えるのが特徴。Y型ではカバーできない、部分的なシワなどを解決したい場合は、棒型をおすすめします。

3.素材の特徴で選ぶ

敏感肌の人にはチタン

チタンは、アレルギーが起こりにくい金属です。耐久性も強く・軽量・錆びにくいという特徴から、医療業界でも多く使用されています。金属アレルギーや肌荒れなど、肌が敏感な方はチタン素材のローラーを選ぶようにしましょう。

新陳代謝を整えるにはゲルマニウム

ゲルマニウムは、イオンバランスを調整する特徴を持っています。イオンバランスが崩れてしまうと新陳代謝が乱れます。その結果、乾燥肌や敏感肌になることも。肌の調子を整えたい方は、ゲルマニウム素材のローラーをおすすめします。

肌の老化を防ぐにはプラチナ

プラチナは、肌の老化の原因となる活性酸素を溜めない特徴があります。肌のしみ・シワなどの悩みにも効果的です。アンチエイジングしたい方は、プラチナ素材のローラーを使用してみましょう。

肌のサイクルを整えるにはセラミック

セラミックは赤外線を発するのが特徴。赤外線は、肌を温め身体の巡りを促進させる効果があります。その結果、肌の生まれ変わる周期を整えてくれるのです。肌の調子を整えたい場合は、セラミック素材のローラーを選ぶようにしましょう。

おすすめ小顔ローラー10選

小顔ローラーの使用方法

小顔ローラーを使用する場合は、入浴後など体が温まっている時や肌が潤っている状態で行なうのが最適です。入浴後のスキンケアをした後などにマッサージしてみましょう。転がす時は一方向に流すようにし、10~15分程度を目安に実施してみてください。

小顔ローラーで体のケア

1.二の腕

二の腕をすっきりさせたい場合は、肘から脇方向へ転がします。二の腕は、日常生活であまり動かさない部位の1つ。二の腕が気になる方は、小顔ローラーで筋肉・脂肪を刺激しましょう。

2.お腹

お腹に使用する場合は、転がし方が2種類あります。上下左右にローリングさせる方法と、胸の下からウエストラインまで体側に沿って転がすやり方です。クビレ部分やお腹周りなど、ご自分の気になる所を集中的に転がしてみましょう。

3.太もも

太ももに使用する場合は、膝上から太ももの付け根に向かって転がします。太ももに疲れが溜まってしまうと、足のむくみ、冷え性につながると言われてます。仕事や家事などで疲労した足をローラーでマッサージしましょう。

4.ふくらはぎ

ふくらはぎに使用する場合は、足首から膝の裏にかけて転がすようにしてみましょう。ふくらはぎは、身体の巡りを良くするポンプの役割を持っています。デスクワーク作業が多い方は、ふくらはぎに転がして、むくみ・身体の循環を改善しましょう。

小顔ローラーを使用する際の注意点

◯力の入れすぎに気をつける
◯長時間の使用は行わない
◯ローラーを清潔に保つ
◯体調がすぐれない時は控える
◯肌トラブルがある場合は控える

あなたにおすすめ美容術
no image 未分類

【パフォーマンス向上】おすすめゲルマニウムネックレス10選~着用して疲労回復~

2019年4月8日
キレイな女の教科書~BiBible~
体の疲労、肩コリなどの体調不良に効果が期待されている「ゲルマニウムネックレス」。販売されている商品は、シリコン、ナイロン、ステンレス製など様 …
no image 未分類

【疲労回復】パジャマとして着るだけで疲れを癒やす!おすすめリカバリーウェア5選

2019年4月2日
キレイな女の教科書~BiBible~
「筋肉疲労の改善」「リラックス効果」が期待されているリカバリーウェア。 プロスポーツ選手から一般の運動愛好家と、幅広く使用されている人気の …